スクワットでストレス解消

スクワットはいつでもできる運動

スクワットを続けているとおなかのポッコリが解消できるといわれています。
そのため女性が美容のためにしていたり、中年になっておなかが気になりだした男性が行ったりしていることも多いです。

スクワットは特に道具がなくてもいつでも行うことができます。
朝食が出来上がるまでの時間、テレビを見ている時間、歯磨きをしている間、などできる場面は様々です。
事務に通うように移動する必要もなく、スペースを確保する必要もないですし、お金もかからずいつでも行うことができます。

ダイエット効果を得るには毎日300回が目安

毎日300回やるのが良いと聞いてもそんなにたくさんの回数をするのは無理と思われがちです。
確かに全く運動をしていない人がある日突然300回スクワットをしようと思っても無理があります。

最初から300回できる必要はないです。
50回や100回など自分ができる回数からはじめ、毎日10回ずつ増やしていくと無理なく300回できるようになります。

また、一度に300回すべてを行う必要もないです。
たとえば朝、昼、晩と3回に分けて100回ずつ行っても効果は得られます。

スクワットはストレス解消にも効果的

スクワットは最近ストレス解消効果が高いということで注目を集めています。
運動をすることは体に負担がかかるためにストレスになると思われがちです。
しかし、数値的にもきちんとスクワット前後で変化がみられるとして検証結果がでています。

スクワットをする前とそのあとで心拍数とストレス指数を計測した場合、運動をした後なのにスクワット後の方が心拍数もストレス指数も下がっているのです。
直後だけでなく継続的にストレス解消効果は得られ、スクワットが終わってから20分後にはさらに数値が下がります。

基本的には運動をすると心拍数が上がりリラックスした状況を作ることは難しいです。
しかし、スクワットの場合には激しい運動ではないので慣れてくるとリラックスした状態に体を変えることができます。

さらにスクワットをしているとダイエットにも効果的ですしヒップアップや脚痩せなど体の気になっている部分を改善することにも効果的です。
見た目に気になる部分があるとダイエットをしたり、着たい服が着られなかったりしてストレスも溜まります。
そういった日常の中でのストレスも軽減することができるのです。

スクワットは仕事中に休憩時間を使って行うこともできます。
そのため仕事でイライラするような場面があったとしてもスクワットをしてストレスを緩和するのはもちろんリフレッシュをして気持ちを切り替えて働くこともできるのです。
ある程度の回数がこなせるまではハードに感じますがこなせるようになるとストレス解消をしながらダイエットもできるようになります。

Comments are closed.