噛むことでストレス解消

噛むことはストレス解消になる

昔からストレスを解消するために爪噛みをするという人がいます。
噛んでしまうことで爪がボロボロになるために多くの場合には爪噛みを辞めるよう言われますが、噛むことはストレス解消にとても効果的です。

そのため最近ではストレス社会で生活するために噛むことで日ごろのストレスを解消しようという動きもあります。
噛むことはストレス解消だけでなく健康法としても確立されているものです。

噛むことが健康に良い理由

子供のころから食べ物を食べる際、よく噛むように言われている人は多くいます。
これは消化のために言われているだけではないです。

江戸時代の指南書である養生訓の中には「人は歯をもって命とする故に、歯といふ文字をよわい(齢)ともよむ也」という言葉があります。
これは葉を使って物を噛むことは人にとって健康に生きていくために重要であるということです。

噛むことによって私たちの口腔内には唾液がたくさん分泌されます。
そうすると消化酵素が十分に働くようになるため消化吸収の効率が良くなるのです。
そのため胃腸の負担も減りなおかつ栄養素をしっかりと吸収することができます。

また、噛むことは意外とたくさんの筋肉を使うことです。
その範囲はとても広く表情筋や肩や首の筋肉まで広がります。

これらの筋肉をコントロールしているのは脳です。
そのため噛むことは脳の活性化にもつながっています。
たくさん噛むこと、噛んで味わうことによって私たちは五感を使っているのです。

噛むことでストレス軽減をする

メジャーリーガーが野球をする際、バッターボックスに立った時や守備をしている時にガムを噛んでいる光景を見かけます。
日本ではあまり見慣れない光景であるため人によっては行儀が悪いと思うことがありますが、ガムをかむことにはきちんと意味があるのです。

ゲーム中どの選手も緊張をしますし無意識のうちにストレスがかかります。
そうすると自分の持っている力を発揮できなくなってしまうことも少なくないです。

そこでストレス緩和をしてできるだけニュートラルな状態で試合に臨むためにガムを噛んでいます。
最近ではメジャーリーガー以外にも陸上選手やサッカー選手などいろいろな分野でアスリートがガムを噛んでいる光景を見かけることが多いです。

ガムをかむことによって脳内にセロトニンというストレス緩和をするホルモンが出てきます。
セロトニンはガムを噛むようにリズミカルな運動をすることで出やすくなるのです。

そのため日常生活の中でもストレスが溜まってきたと感じたらガムをかむとストレス緩和ができます。
また、ガムをかむ以外にも普段の食生活で噛み応えのあるものを食べるよう心掛けると食事でストレス緩和ができるようになるのです。

Comments are closed.