睡眠とストレスとの関係

仕事や人間関係、様々なことで人はストレスを感じるものです。
ストレスのない世界というのはないものであり、どういった場面でも人はストレスを感じてしまいますし、適度なストレスは必要とされています。

しかし、ストレスを感じ過ぎてしまうと心と体のバランスを崩してしまいがちです。
特に、ストレスがたまると睡眠がうまく取れなくなるという人が多いです。

逆に睡眠が上手に取れるとそれだけでストレスは解消できます。
睡眠とストレスとは深い関係があるのです。

睡眠でストレス解消

睡眠というのはストレスを解消するという役割を持っています。
実は、睡眠不足になるとストレスが溜まりがちになるのは睡眠でストレス解消ができていないことに原因があるのです。

睡眠不足になると、脳にある扁桃体という場所が活発化します。
これによって不安や恐怖を感じやすくなりうつ症状が起こりやすくなるのです。
睡眠の質が改善するだけでうつ症状が軽減できるとされており、睡眠の質を改善することはとても重要視されています。

睡眠の質の高さというのは、長く眠れば良いのではありません。
眠りが浅くては長く眠ってもストレスは減らないのです。
大事なのは睡眠の質を高めることです。

睡眠の質を高めるためには

深い睡眠をとるためにとても効果があると言われているのが起床後1時間以内に朝日をしっかりと浴びることです。
これによって起床後に睡眠を司るホルモンであるメラトニンが減って脳が目覚め、夜にはメラトニンが増えて熟睡するリズムが整うようになります。
これによってストレスを減らすことができるのです。

また、糖質の多い食事は血糖値が夜間に上がりやすく睡眠の質が悪くなることがあります。
そこで、日頃から糖質を多くふくむ炭水化物が多めの食事をしている人は、夕方以降に炭水化物を食べる量を調整すると血糖値が安定して睡眠の質を改善することができる場合があります。

最近注目されているのが寝る前にテレビを見たりスマートフォンを見たりしてブルーライトに当たることです。
特に、ベッドの中に入ってから見ると、ベッドの中で脳が活発化する習慣がついてしまい寝付きにくくなります。
そこで、どうしても寝る前に閲覧する場合にはベッドの外で閲覧するようにして、ベッドに入ったらもう覗かないようにすることを定着させましょう。

同様に、布団に入ってからも眠れないという場合には脳に寝る場所ということを定着させるために、寝床から出て別のことをするようにした方が良いです。
寝床に入っても15分眠れないという場合には、一度寝床から出て別のことをして眠くなったら戻るようにしましょう。
ホットミルクを飲んだり本を読んだり音楽を聴いたり、眠くなる習慣を身につけるということもオススメです。

営業マンはストレスを溜めがち

営業という仕事は決して簡単な仕事ではありません。
ノルマに追われることもありますし、会社の顔として仕事をするために気を使うこともたくさんあります。
そのため、営業マンの中にはストレスをたくさん抱えて仕事をしているという人も多いです。

誰でも仕事で常に良い状態を維持することはできません。
時にはスランプもありますが、そういったスランプの時にも思うように成果が出せないと気持ちを切り替えられずにストレスフルになることもあります。
こういったストレスが溜まりやすい仕事だからこそ、上手に気持ちを切り替えることが重要となってきます。

営業職の人にはもちろん、上手にストレスと付き合っている人もいますし、営業という職種が好きという人がいます。
上手にストレスと付き合うことができれば楽しくやりがいのある仕事なのです。
そこで、うまくストレスを解消していく方法を紹介していきます。

まずは吐き出すことが重要

人はどうしても、辛い気持ちを人に打ち明けられないものですし、悩みを相談することも苦手な人が多いです。
特に男性にはこういったことをすることが弱いことであるように思えたり負けたと思えたりするために、なかなか言うことができず抱え込んでしまいます。

しかし、抱え込んでいても消化できるものではなく、逆にストレスフルになることが多いです。
言っても何も変わらない、とか愚痴を言っても仕方ない、とかと思う人も多いですが、誰かに伝えるだけでも十分なストレス解消となります。

また、思っていることを伝えることによって、自分の中で解決策が見えてきて頑張ろうと前向きな気持ちになれることもありますから、抱えたままにしておくのではなく伝えてみると言うのはとても有効なストレス解消法です。
口に出して言う適切な相手が見つからない、とかやはり言うことに抵抗がある、とかと言う場合には、日記のように書いて吐き出すと言うことも十分に効果的です。

悩みを伝える相手は女性が適任

営業の悩みを打ち明ける相手としては、男性よりも女性の方が適任であると言われています。
これは、男性だと愚痴に対してアドバイスをしたり、叱咤激励をしたりされてしまい、途中から思っていることが話せなくなってしまうことで逆にストレスが溜まってしまったり落ち込んでしまったりするためです。

女性というのは日頃から雑談好きで話を聞き慣れているために、うまく話を聞き流してくれることが多いですし、傾聴の姿勢で同意してくれることが多いです。
そこで、話を聞いて欲しいという場合には聞き上手な女性に話を聞いてもらうととてもスッキリすることが多いのです。

上手に気持ちを切り替えるコツを身につける

営業の人の中には、上手なストレス解消法を身につけている人がたくさんいます。
仕事がうまくいかない時に、反省はするけれども引きずらないようにストレス発散をして、切り替えをする習慣をつけることが重要です。

多くの人は仕事がうまくいかないと頑張らなければと仕事をしようと思いがちですが、思い切って休んで気分転換をすることも重要です。
仕事を休んでしっかりとリフレッシュをしてストレスを解消して、翌日からまた頑張るようにすれば成果も出やすくなりますし、気持ちも楽に仕事が進められます。

いつの時代でも多くの人が悩む嫁姑問題

結婚生活の中で多くの人がストレスとしてあげるものが嫁姑問題です。
同居をしている人はもちろんですが、別居をしていても色々とストレスになることがあります。
どうしても価値観が合わないこともありますし、喧嘩になることもあり、うまくいかないと感じる人が多くいるものです。

愚痴を聞いてもらいスッキリすることができれば問題ないのですが、教育方針や家庭の方針にまで口を出されたり、勝手に決められたりしてしまうと文句を言い合うだけで済まずに場合によっては離婚をするようなケースも出てきてしまいます。
お互いにストレスをためずにうまく付き合っていける方法を見つけることが重要です。

姑に全てをわかってもらおうとしないことが重要

姑とうまく言っていないという人の多くは、自分の思っていることを理解して欲しいとか、姑と仲良くできるようになりたいとかと考えるものです。
しかし、このようなうまくいかない状態にある場合、姑が変わるということはないですから、うまく自分が付き合い方を変えるしかありません。

家族となったといえど、ずっと一緒に暮らしてきたわけではないですから価値観も違いますし、考え方も今までいた環境も違います。
そのため、分かり合えないことはたくさんありますし、付き合っていく中で少しずつ歩み寄るものの完全に一致するものでもありません。
ほどよく距離を取り、少しずつお互いの価値観を許容していく程度の感覚で完全に自分のことをわかってもらおうと思うことは避けるようにしましょう。

クレーム処理の気持ちで対応する

姑からきつく言われてしまうことや、詰められてしまうようなことがあるという人もいます。
そのような時には言い返しても逆効果なことが多く、状況が好転するとはいえません。

そこで、そう言った姑との付き合い方としてベストなのはクレーム処理のように対応することです。
話を折らず、全て相手の話すことを肯定しながら聞くようにすると相手の怒りも鎮まりやすくなります。
もちろん、聞いた中で聞き入れるべきこともたくさんありますから、そう言ったことは素直に受け入れるようにしましょう。

どうしても譲れないことがある場合には息子である夫にも協力してもらう

話の中で、どうしても夫の母親であり年上ということで我慢をしなければならないことも多くあります。
しかし、中には妥協できないこともあるものです。
そう言った時にはしっかりと主張をするべきです。

自分が話をしても聞き入れてもらえないという時には、しっかりと思いを伝えるために夫にも出てきてもらい話をするようにしましょう。
同じ話でも夫が言えば聞き入れてもらえることもありますし、話がうまく進むこともあります。

<< previous posts || next posts >>