経済的ストレス

経済的なストレスを抱えている人が急増中

長引く不況や経済危機、終身雇用制の崩壊など、私たちを取り巻く労働環境や経済環境は決して良いものであるとは言えません。
そうすると、日々私たちはお金についての不安を抱えています。
老後の年金の不安もありますし、生活できるだけのお金を貯めることができるのかということも不安になってきます。

それだけでなく、日常的な生活でも経済面での不安を抱えている人が増えています。
日々の生活の中で、給与では貯金する余裕がなくカツカツの生活をしている人も多いですし、それどころか生活費が赤字となってしまうという人もいるのです。
こう言った経済的なストレスを慢性的に抱えているという人が近年では増加中なのです。

このような経済的なストレスは見た目を老けさせる要因の一つであると考えられるようになっています。
そこで、ここでは経済的なストレスを緩和するための方法を紹介していきます。

お金を使わないようになる

私たちは日頃の生活の中で気づかぬうちに色々と浪費をしているものです。
ちょっとした浪費であっても、蓄積すれば毎月の中でかなりのお金になることが多くあります。
そこで、生活の中で出ていくお金を少しずつ減らしていくことが重要となります。

例えば、仕事の際に外でランチをしている人はお弁当に切り替えるとかかる費用が半額程度で済むようになります。
とはいえ慣れるまではお弁当を作ることは大変ですしストレスになることも多いです。
上手にやりくりするために、飲み物だけは持参するようにしたり、週の半分はお弁当にしたり、主食だけは持っていくようにしたりという工夫をするだけでも違ってきます。

日常の中でこう言った浪費を見直して少しでも節約する習慣をつけていけばどんどんとお金が貯められる生活に変わっていきます。
経済的ストレスは「お金がない」ということがとても大きなストレスになりますから、少しでもお金が手元にある、貯金ができているという状況が出来上がればストレスを軽減することができるのです。

マネープランをしっかりと立てる

経済的な不安を抱えてストレスを負っている人の多くが明確なマネープランがないためにストレスを感じています。
ただ漠然とお金がない、というのではなく毎月の生活としてどのくらいの貯金が必要であるとか節約をどのくらいすれば良いのかということが明確になると、頑張るべき目標が明確になり、ストレスが軽減できることが多いです。

他にもライフイベントごとに発生する費用感を確認するのもいいです。
例えば、結婚をすると挙式には約200万円ほどかかり(結婚式にかかるお金の基礎知識|マイナビウエディング)、
家を建てる際には約1,000万円(春日部ショールーム|ローコスト注文住宅・建て替えならモクハウス)ほどかかります。
もちろん、ライフイベントの発生は事前に予想できませんが、そのときが来た時に焦らずにマネープランを立てることができるようになります。

現状が良くない状況であると思っていても、具体的に何が悪いのか、そしてどう改善すれば良いのかがわからないという状況が最もストレスフルになりやすい傾向があります。
明確なマネープランを提示すると思っているよりも状況が悪くないと気づけることもありますし、具体的にどう行動すれば良いかがわかりストレスが軽減できることもあります。

Comments are closed.