Category: ストレス解消法

写経はストレス解消効果がある

何かに集中して作業をすることは疲れるためにストレスがたまるように思われがちです。
しかし、実際には集中して作業をする時間には嫌なことを忘れることができ程よい疲れを感じることができるのでストレス解消に効果があります。
さらに続けていくうちに忍耐力がつくのでストレスに耐性もつくという効果もあるのです。

こういったことから集中して作業をする写経もストレスを解消する効果があります。
字が下手な人は写経をすると聞くと逆にストレスが溜まりそうと思われがちです。
しかし、字の上手なことや下手なことは関係なく誰でも文字を書くことでストレス解消ができます。

写経は自宅でもお寺でもリラックス効果を得ることは可能です。
慣れていないときには緊張感があるためにお寺での写経は疲れることもありますが、慣れてくると非日常空間で写経ができるお寺での写経はとても良いリフレッシュになります。

写経の方法

昔は写経といえばお経を見て移していく作業が一般的でした。
しかし、最近では字が下手ということで敬遠している人のためにも文字を上達させるためにもお手本を下敷きにして薄い紙を敷いて文字をなぞる形で進めることが多いです。
子供向けのなぞり書きのように薄く文字がかかれているものをなぞって書き進めるタイプのものも販売されています。

写経をするにあたっては筆で描くこともできますが、ペンや鉛筆で描くことも可能です。
お寺で本格的に行う時には硯に墨を解いて書きますが、自宅で行う場合には手軽に行えるように鉛筆で書き進めることもできます。

もしも自宅で本格的に写経をするという場合には習字セットを購入して行うのがおすすめです。
習字セットはホームセンターやインターネット通販で購入することができます。

経文は本文が17文字で一行となっています。
本文が終わったら次の行に般若心経を書き、これが奥題です。
これらのルールは写すものを確認しながら書けばきちんと正しく書けます。

脳の活性化にも効果的

墨の香りや写経を行う空間で過ごすことなどでリラックス効果を得ることができ、呼吸も深く変わっていきとても良い気分転換になります。
イライラしている時に脳を活性化させると気持ちを切り替えるのにも効果的です。
写経は脳を活性化させる効果があります。

また、最近ではパソコンやスマホを使うことが増えており、直筆で文字を書く機会も少ないです。
文字を書くこと、字を書き写すことは普段あまりしていない作業であるためいつもと違う部分の脳を働かせることにも効果があります。
このようないつもと違う作業をすることによって普段使っていない脳を動かすことができるため、認知症予防にも効果的です。

食事はストレス解消に役立つ

おいしいものを食べたり好きなものを食べたりすることはとても幸せな気持ちになります。
そのため食べ物によってストレスを解消することもできるのです。

とはいえ、いつも好きなものや食べたいものばかり食べることは無理があります。
太ってしまったり栄養バランスが乱れてしまったりするためこのストレス解消方法はできる回数が限られてしまうのです。

ただ、私たちは毎日生活している中で常にストレスをためてしまっています。
そのためうまくストレス解消をしていかないと心身ともにバランスを崩してしまう原因となってしまうのです。
そこで好きなものを食べてストレス解消するだけでなくストレスに強くなる食事を心がける必要があります。

ストレスと食事の関係

仕事が忙しくなるとどうしても毎日の食事をするにあたって外食や購入したお弁当を食べる機会が増えがちです。
こういった食事を続けていると野菜不足を起こしますし栄養が偏ります。

このような食事が直接的にストレスを引き起こしているわけではないです。
しかし、こういった食事をしているとストレスを感じやすくなったりストレスへの耐性がなくなってしまいます。

ストレスに強くなる食事

よくイライラしている人に対して「牛乳飲んだら」とか「カルシウム摂取するようにしなよ」といったことを話しているのを耳にするものです。
これはカルシウム不足がイライラの原因となることに由来しています。
そこでイライラしがちなときは牛乳やチーズなどの乳製品、干しエビやシラスなど小魚類、納豆などの大豆食品が効果的です。

また、マグネシウムはカルシウムの働きを調整してくれます。
特にストレスがたまるとマグネシウムの吸収を悪くしてくれるので悪循環に陥りやすいです。

そこでカルシウムを摂取するときにはマグネシウムも一緒に摂取を心がけると相乗効果が期待できます。
マグネシウムはアーモンドやピーナッツなどのナッツ類、大豆、納豆、ひじきなどに含まれていることが多いです。

ビタミン類もストレスのある時には摂取をする必要があります。
私たちはストレスが溜まってくると抗酸化機能が低下してしまい体が老けやすい状況になるのです。
そこで抗酸化作用のあるビタミンのベータカロテンやビタミンC、Eなどが不足しがちになります。

また、ビタミンB群が不足すると皮膚や粘膜、血管などに異常が生じますし神経の働きにも支障をきたします。
そうすると精神状態が悪くなり情緒不安定になったりストレスに過敏になったりするのです。
どうしても外食や購入したお弁当を食べるようになると野菜は不足しがちですからこれらの栄養素は積極的に摂取できるよう心掛ける必要があります。

ストレッチはストレス解消に役立つ

私たちは毎日たくさんのストレスと戦っています。
仕事が忙しい人ほど自分の時間を作ることが難しいためにストレスを解消する時間が取れないです。
ストレスがたまり続けると精神的にもバランスが崩れますし、人によっては心身ともに病気になってしまうこともあります。

そこでストレスは毎日の中で適度に解消することが必要です。
ただ、毎日の仕事が忙しい人はストレスを解消するために時間を作ることがストレスになる可能性があります。
そのためそのくらい忙しい人は毎日気軽にできるストレス解消方法を見つけることが必要です。

ストレス解消方法は人によっていろいろなものがあります。
旅行をしたり買い物をしたり、おいしいものを食べたりカラオケに行ったり、様々です。
時間に余裕があればこういったこともできますが、忙しい人はもっと簡単に自宅でできるストレス解消方法があるほうが助かります。

そこでおすすめなのがストレッチです。
ストレッチであれば家で寝る前3分で十分できますし、お金をかける必要もなく自宅で始められます。

ストレスを解消するストレッチ

ストレスを解消するストレッチはどれもとても簡単です。
たとえば太ももの裏側を延ばために、座った状態で足を前に伸ばしてつま先を握って20秒その状態をキープするだけでも十分効果があります。
両足交互に行ったとしてもこれだけのストレッチをするに1分あれば十分です。

お尻や腰を延ばすストレッチをする場合には、仰向けに寝転んで左右どちらかの膝を抱え込んで胸に近付けてお尻や腰を延ばします。
これも左右ともに30秒ほどで良いので1分あれば十分です。

肩こりをしている人は肩甲骨を延ばすストレッチが効果を得られます。
四つん這いになって手をついたままお尻を後ろに突き出して猫が背伸びをするようなポーズを1分間キープするだけです。
肩甲骨が動くので肩こりの緩和ができます。

寝る前のストレッチをすることで体温が上がるために睡眠も質の高いものになり自律神経を整えることに効果的です。
ただし、寝る前に本格的過ぎるストレッチをしすぎてしまうと体が目覚めてしまい熱意が悪くなってしまいます。
ここで紹介したような軽く行えるストレッチを行うようにする方が睡眠効果は高いです。

また、これらのストレッチは仕事中にも行うことができます。
ストレッチをすることで体の緊張がほぐれて疲れにくくなったり仕事に集中しやすくなったりしますし、気分の切り替えにも効果的です。
仕事中にもイライラすることはありますしストレスを感じることもありますから、そういったときには座っていてもできるようなストレッチを行うとストレスが軽減できます。”