ストレッチはストレス解消に役立つ

私たちは毎日たくさんのストレスと戦っています。
仕事が忙しい人ほど自分の時間を作ることが難しいためにストレスを解消する時間が取れないです。
ストレスがたまり続けると精神的にもバランスが崩れますし、人によっては心身ともに病気になってしまうこともあります。

そこでストレスは毎日の中で適度に解消することが必要です。
ただ、毎日の仕事が忙しい人はストレスを解消するために時間を作ることがストレスになる可能性があります。
そのためそのくらい忙しい人は毎日気軽にできるストレス解消方法を見つけることが必要です。

ストレス解消方法は人によっていろいろなものがあります。
旅行をしたり買い物をしたり、おいしいものを食べたりカラオケに行ったり、様々です。
時間に余裕があればこういったこともできますが、忙しい人はもっと簡単に自宅でできるストレス解消方法があるほうが助かります。

そこでおすすめなのがストレッチです。
ストレッチであれば家で寝る前3分で十分できますし、お金をかける必要もなく自宅で始められます。

ストレスを解消するストレッチ

ストレスを解消するストレッチはどれもとても簡単です。
たとえば太ももの裏側を延ばために、座った状態で足を前に伸ばしてつま先を握って20秒その状態をキープするだけでも十分効果があります。
両足交互に行ったとしてもこれだけのストレッチをするに1分あれば十分です。

お尻や腰を延ばすストレッチをする場合には、仰向けに寝転んで左右どちらかの膝を抱え込んで胸に近付けてお尻や腰を延ばします。
これも左右ともに30秒ほどで良いので1分あれば十分です。

肩こりをしている人は肩甲骨を延ばすストレッチが効果を得られます。
四つん這いになって手をついたままお尻を後ろに突き出して猫が背伸びをするようなポーズを1分間キープするだけです。
肩甲骨が動くので肩こりの緩和ができます。

寝る前のストレッチをすることで体温が上がるために睡眠も質の高いものになり自律神経を整えることに効果的です。
ただし、寝る前に本格的過ぎるストレッチをしすぎてしまうと体が目覚めてしまい熱意が悪くなってしまいます。
ここで紹介したような軽く行えるストレッチを行うようにする方が睡眠効果は高いです。

また、これらのストレッチは仕事中にも行うことができます。
ストレッチをすることで体の緊張がほぐれて疲れにくくなったり仕事に集中しやすくなったりしますし、気分の切り替えにも効果的です。
仕事中にもイライラすることはありますしストレスを感じることもありますから、そういったときには座っていてもできるようなストレッチを行うとストレスが軽減できます。”

なぜストレスが起きるのか

私たちが生活している中で心や体にはいろいろな負荷がかかります。
そしてその負荷に対応しようとすることで生じる反応がストレスです。
精神的に緊張をしたり疲れたり、暑さ寒さなど様々なことがストレスを引き起こします。

ストレスはたまりすぎると不眠になったり体調不良になったり心と体にたくさんの支障をきたすものです。
そのため日ごろから適度にストレス解消をするための取り組みをする必要があります。

ストレス発散の方法は人それぞれです。
買い物をしたり旅行に出たり、おいしいものを食べたりといった方法を取る人も多くいます。

しかし、毎日の生活の中でお金を使ったり時間を使ったりするストレス解消方法ばかり取り組むのは無理です。
そこで手軽にできておすすめなストレス解消方法にツボ押しがあります。

ツボ押しによるストレス解消

ツボ押しは仕事の合間にも取り組むことができるとても手軽なストレス解消方法です。
ストレスを解消するだけでなく気持ちを落ち着けたり体のマイナートラブルを解決できたりといった効果もあります。

例えば、手首の小指側のしわのある少しくぼんだ所にあるツボが神門(しんもん)です。
ここは精神的な緊張をほぐしてくれますしイライラした気分を沈めてくれます。
親指を神門にあて、残りの指で手首をつかんでいた気持ちいい程度に30回ほど押し両手に行うとリラックス効果が得られるツボです。

合谷(ごうこく)といわれる手の甲の親指と一刺しの指の骨が沸かれる部分もストレス解消効果のあるツボがあります。
合谷を刺激することによって気持ちが落ち着きますし平常心を取り戻すことにも効果的です。
特にストレスによって自律神経が乱れてしまっている人は自律神経を整える効果もあります。

ツボの推し方は親指で合谷を気持ちいいと思える強さで押すだけです。
30回ほど押しながら揉む動作も加えると効果が感じられます。
最近ではパソコン操作やスマホ操作で指先が凝っている人もおおく、コリを解消するのにも効果的です。

特にストレスが溜まっていると感じていない状態でも意外と人はストレスをため込んでいます。
そしてそういった状況になると体のいろいろなところに不調が出てきているものです。

手にはたくさんのツボがあります。
そのため手をマッサージすることは心と体全体の不調を改善することに効果的です。

特にどこが不調といったことがわからない場合には手を全体的にマッサージすることでストレス解消ができます。
ハンドクリームを塗る際に合谷や神門を刺激するようにしたり手のひらや手の甲全体をマッサージするようにすると少ない力でしっかりと手のマッサージができますし、ハンドクリームの香りでアロマ効果も得られてより効果的です。

噛むことはストレス解消になる

昔からストレスを解消するために爪噛みをするという人がいます。
噛んでしまうことで爪がボロボロになるために多くの場合には爪噛みを辞めるよう言われますが、噛むことはストレス解消にとても効果的です。

そのため最近ではストレス社会で生活するために噛むことで日ごろのストレスを解消しようという動きもあります。
噛むことはストレス解消だけでなく健康法としても確立されているものです。

噛むことが健康に良い理由

子供のころから食べ物を食べる際、よく噛むように言われている人は多くいます。
これは消化のために言われているだけではないです。

江戸時代の指南書である養生訓の中には「人は歯をもって命とする故に、歯といふ文字をよわい(齢)ともよむ也」という言葉があります。
これは葉を使って物を噛むことは人にとって健康に生きていくために重要であるということです。

噛むことによって私たちの口腔内には唾液がたくさん分泌されます。
そうすると消化酵素が十分に働くようになるため消化吸収の効率が良くなるのです。
そのため胃腸の負担も減りなおかつ栄養素をしっかりと吸収することができます。

また、噛むことは意外とたくさんの筋肉を使うことです。
その範囲はとても広く表情筋や肩や首の筋肉まで広がります。

これらの筋肉をコントロールしているのは脳です。
そのため噛むことは脳の活性化にもつながっています。
たくさん噛むこと、噛んで味わうことによって私たちは五感を使っているのです。

噛むことでストレス軽減をする

メジャーリーガーが野球をする際、バッターボックスに立った時や守備をしている時にガムを噛んでいる光景を見かけます。
日本ではあまり見慣れない光景であるため人によっては行儀が悪いと思うことがありますが、ガムをかむことにはきちんと意味があるのです。

ゲーム中どの選手も緊張をしますし無意識のうちにストレスがかかります。
そうすると自分の持っている力を発揮できなくなってしまうことも少なくないです。

そこでストレス緩和をしてできるだけニュートラルな状態で試合に臨むためにガムを噛んでいます。
最近ではメジャーリーガー以外にも陸上選手やサッカー選手などいろいろな分野でアスリートがガムを噛んでいる光景を見かけることが多いです。

ガムをかむことによって脳内にセロトニンというストレス緩和をするホルモンが出てきます。
セロトニンはガムを噛むようにリズミカルな運動をすることで出やすくなるのです。

そのため日常生活の中でもストレスが溜まってきたと感じたらガムをかむとストレス緩和ができます。
また、ガムをかむ以外にも普段の食生活で噛み応えのあるものを食べるよう心掛けると食事でストレス緩和ができるようになるのです。

next posts >>