【頭痛】予防と対策法

薬に頼らず気持ちを楽に持つ

体の一部分に不快な症状があるだけで仕事中には集中できなくなり、体調がすぐれないことがストレスになってしまうようなこともあります。
特に頭痛を抱えていると仕事をしていても、ボーっとしてしまうこともあるため仕事に集中できない。
そればかりか、同僚や上司などからの話もしっかりと頭の中に入ってこないというケースもあります。

頭痛の原因は非常に様々ですので簡単に特定することができません。
しかし、デスクワークなどをしていて、長期間パソコンを使っているのであれば眼精疲労の可能性もあります。
眼精疲労が全てではなく、その他肩こりなども引き起こしてしまいますので、出来る限り目を休めてあげることも大切になります。
参考:http://m3q.jp/t/49

頭痛に悩まされた時には首の付け根部分を押し上げるようにマッサージしてあげたり、こめかみの部分を優しくマッサージしてあげるだけでも楽になります。
また目頭の部分を軽くマッサージすることによって眼精疲労ら緩和されますので、このような簡単なマッサージを取り入れてみると良いでしょう。

風邪などで頭痛があるケースでは、頭痛薬を飲むことで収まります。
そうでなく頻繁に頭痛が起きるのであれば、やはり仕事をしている際の眼精疲労をはじめとして、その他大きな病気の可能性などもあります。
さまざまな可能性が考えられるため、素人判断だけではなく、一度病院で調べた方が良いです。

また、気分的に悩みを抱えているとどうしても頭痛に悩まされてしまうことがあります。
こういったときには気分転換を心がけ自分自身をリフレッシュさせてあげることも大切です。

誰かに話を聞いてもらうことも重要です。

悩みを抱えている状態で、頭痛に悩まされているのであれば誰かに自分の悩みそのものを聞いてもらうことも良い方法です。
抱えている悩みの解決そのものには直接つながらなくても話を聞いてもらうだけで自分の気持ちが楽になります。

また日常生活の中でリフレッシュのための半身浴を取り入れたり、その他にも自分の好きなことをする時間も極力作っていくようにしましょう。
メガネやコンタクトを使用している人の場合には、度数が合っていないことによって頭痛が引き起こされる可能性もあるため、定期的にシルクのチェックをした方が良いです。

職場などでエアコンに長時間当たっていたりすると頭痛が起きることもありますので、体が冷えないような工夫も心がけていきましょう。
頭痛薬を常備してしまい頻繁に服用してしまうことで耐性がついてしまうという可能性もあります。
できるだけ薬には頼らず自分自身の気持ちをリフレッシュすることが大切です。

ただし仕事中にひどい頭痛に襲われてしまいほとんど仕事が手につかないような状況に陥ってしまった時。その際は無理をせず早退する等の方法でまずは診察を受けた方が良いでしょう。
また仕事に慣れないうちはどうしても緊張感から頭痛が起きてしまうこともありますので、このような場面ではリラックス状態を心がけ、休憩時間には自分の好きな音楽などを聞いたりしながら自分の気持ちを整えてあげると良いです。

Comments are closed.