【睡眠不足】予防と対策法

できるだけ日光を浴びる

この数年、睡眠不足に悩まされる人はどんどん増えているといわれています。
オフィスで仕事をする人が増えており、さらには朝から夕方まで会社の中にいて、さらにはパソコン作業などで電磁波をずっと浴びているため、こうした部分から交感神経に悪影響が出ている可能性が高いと言われています。

寝不足に悩まされてしまうと常に頭が働かず仕事にも集中できなかったり凡ミスを繰り返してしまったりすることがあります。
仕事での凡ミスに関しても、すぐに対処できれば良いですが、大きなミスをしてしまった時には大変です。
また自動車の運転をすると言う場合にも特に集中できなければ、交通事故につながってしまう懸念さえでてきてしまいます。

睡眠不足を予防するためにはできるだけ日光を浴びるということが最も重要です。
人間の体というのは、朝起きて夜眠るというサイクルに従って体内時計が動いていますが、日光を浴びなければ、こうした体内のサイクルが狂ってしまうことになります。

また日光を浴びるだけではなく、運動不足であれば適度な運動を取り入れることも大切といえるでしょう。
全身を動かしながらスポーツではなく、簡単なマッサージやストレッチでも大きな違いがあります。

特に仕事で長い時間デスクワークなどをしているのであれば、休憩時間には席を立ち体を思い切り伸ばしたり、リンパをこすって血液の流れを良くしてあげましょう。
睡眠不足と言うのは、体内の機能が低下するため血行不良などに陥りやすくなり、これが原因で様々な悪影響をもたらします。
そのためリンパを促してあげるなどと言うのは、血行を促進するために非常に良い方法と言えます。

眠る前にスマホやパソコンは禁止にする

1日の終わりにベッドに横たわってからスマホなどを長時間見てしまうと言う人も増えてきました。
これが毎日の習慣だという人もいるようですが、眠る前にはできるだけ電磁波を受けないようにしましょう。
前述の通り電磁波を受けると交感神経に悪影響が出てしまいますので、常に脳が興奮状態となってしまいます。

そうなると、眠りたいという気持ちを持っていても体が思うように眠ってくれないため、結局は睡眠不足になってしまいます。
また、睡眠不足が続くと日中に眠くなってしまうため、お休みの日などには昼間のうちにたくさん眠ってしまい、再び夜になると眠れないと言う悪循環に陥ってしまうことがあります。

そのため、眠くなっても、昼間のうちは出来る限りお昼寝などをしないように我慢し、夜ぐっすり眠れるように努力をする必要があります。
眠る前にホットミルクをコップ一杯飲むだけでもリラックスできて快眠へと導いてくれますので、このような部分も自分なりの努力をしてみると良いでしょう。

Comments are closed.