【逆流性食道炎】予防と対策法

強いストレスを受けると、体は胃炎や胃潰瘍、便秘や腹痛など、さまざまな不調を起こします。
有名なのは胃潰瘍ですが、実は食道、胃などの病気はストレスが原因、ということが多いのです。
その理由は胃酸が逆流してしまい、それが食道や胃などを傷つけてしまうことに原因があります。
ご自身では気づいていても、なかなか症状が改善しない、ということも珍しくないだけに注意が必要です。

このため、胃酸が少し逆流しただけでも、症状が悪化している状態ですと、激しい痛みやむせることがあります。
今回は、ストレスを解消して、これらの症状が発生しないためにはどうすればいいのか、ということを具体的にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

逆流性食道炎の予防

睡眠不足で、脳や体に疲れがたまると、必然的にさまざまな体の異変も発生するものです。
ご自身では気づかないうちに内臓が疲労してしまい、それが原因でさまざななトラブルが発生することがあります。
朝起きたときの目覚めが悪い、ということは体の不調のサインといえるでしょう。
睡眠は体の疲労を取るとともに、さまざまな症状を予防することにつながるのです。

夕食は、就寝2〜3時間前までで食べすぎに注意をされることがポイントです。
これは、胃腸などの消化器に負担をかけない、ということや、それ以上に体に負担をかけすぎない、ということが大きな要素にもなっています。

また、眠る前にお風呂に入浴する、ということもひとつの方法です。
リラックスした時間は自然と疲労をとることになります。
特に疲れているときには、精神的な負担を軽減することにもつながりますので、ぜひご活用ください。
無理をしないで、毎日の生活の中でどのように休めるのか、ということを自分の中でしっかりと確保しておくことで症状をかなり軽減することができますので、その点は十分に意識されておくようにすると良いでしょう。

逆流性食道炎の対策

「筋弛緩法」という方法で気分をリラックスさせてストレスを減少させてみてはいかがでしょうか。
逆流性食道炎は実は私たちの生活の中でストレスを感じるときに発生しています。
無意識に筋肉が緊張して体がこわばり、それが原因で吐き気などにつながっていることがあります。
これは無意識のときに発生してしまう、ということがあるため、なるべく緊張の状態を避けるようにすることがポイントです。
心身をリラックスさせることで症状を緩和をさせることです。

他には寝る前に何か自分の気持ちを落ち着かせることをされることも良いでしょう。
日記をかくなど、一日を振り返るような習慣をつけると、自然とストレスを解消することにつながる場合があります。
また、そうするだけでもほかのことに集中できるため、症状を緩和することができます。

また、一日を振り返る、ということをする、何か就寝前に一日を忘れることをする、などだけでもずいぶんと症状が変わってきます。
少しずつ楽になればご自身でも症状への不安も自然と減少させることができるようになるでしょう。

Comments are closed.