【のどの不快感】予防と対策法

長期間続くなら病気の可能性あり

風邪をひいてしまった時やお酒を飲み過ぎてしまったとき、その他にも大きな声を出してしまった時などにも喉の不快感を感じることがあります。
しかしこのようなケースではなく、特に原因が分からないからなどの不快感が長期間続くときには、何らかの病気の可能性があります。

咽頭ガンをはじめとして、その他にも様々な病気が考えられますので一度病院に行った方が良いと言えます。
風邪などで喉の不快な症状が続いてしまう時にはできれば病院でお薬を処方してもらうのが望ましいのですが、時間がない時には市販薬でも構いませんので喉に良いとされているお薬を服用することや、喉に直接塗るタイプの消毒液などを使用しましょう。

また、自分でも気がつかないうちに会社や自宅のエアコンなどが汚れており、こうしたハウスダストなどで不快感が続いてしまうこともあります。
このようなケースでは、原因を突き止めるまでに長い時間がかかってしまうこともありますが、特に風邪の症状などもなく喉の不快感が続いているのであればエアコンのフィルターのチェックをしてみると良いでしょう。

ストレスでも喉に不快感が出てくる

強いストレスを毎日のように感じると喉に不快感が出ることをご存知でしょうか?
ストレスと喉は全くの無関係だと思っている人もいるようですが、強いストレスがかかることによって声帯にも負担があるため、声帯の働きが低下してしまい声が出にくくなったり喉に違和感を感じたりすることがあります。
なんとなく声がかすれていて最近ストレスを感じているなと思ったときには、リフレッシュを心がけましょう。

喫煙や飲酒はほどほどに

当然のことになりますが、喫煙をする人やたくさんのお酒を飲む人は喉の不快感を感じやすい傾向にあります。
そのため喉の不快感を予防するためには禁煙もしくは節煙や禁酒などが求められるでしょう。
どうしてもお酒を飲みたいというケースでは、今までよりもお酒の量を減らして喉をいたわってあげると良いです。

単純な不快感だけではなく、痛みなどが生じているのであれば、前述の通り薬の服用を始めとして、消毒液などを使用するのが1番ですが、このほかにも自宅に大根と蜂蜜を常備しておくと良いです。
大根をスライスしたものを5枚から6枚準備し、ここに蜂蜜を大さじ一杯ほどたらし30分から1時間放置しておくと、シロップ状になりますので、このシロップをゆっくりと喉に染み込ませるように飲むと、不快感が軽減します。

できるだけ喉の不快感が出ないようにするには、やはりうがいを心がけ外出先から戻った時や、その途中の休憩時間などにもガラガラと声を出しながら喉の奥まできれいにするイメージでうがいをしましょう。

Comments are closed.