【生理不順】予防と対策法

仕事や人間関係など、何かに対して不安に考えていると、生理が止まってしまう事があります。
ストレスが溜まっている事に加えて、さらに生理がこないという事になると、余計に不安な気持ちになってしまうという事もあるはずです。

生理不順が起こるわけ

子宮は精神的な部分と関係が深い存在にあるとも言われており、今思ったり感じたりしている事が、子宮の働きに影響する事があります。
例として、彼氏や旦那などと喧嘩し、気持ちが落ち込んでいる時、仕事が疲れて心身ともに疲れてしまっていたりする時など、同時に子宮の働きが悪くなってしまい、生理不順を起こす場合があるのです。

しかし、ストレスを自分の意思でコントロールするのは決して簡単な事ではありません。
ストレスが原因で生理がこないという場合には、適切な対処法を知っておくのが良いでしょう。

生理不順の対策

子宮は収縮を繰り返してリズムを整える事が毎月のように行われています。
生理が始まる時は、子宮が通常の状態より広がり、不必要になった子宮内膜が剥がれるのですが、これが経血として出てきます。
それにより子宮の中が綺麗になると、元の大きく広がっていた形が縮み、元の形状に戻るような仕組みになっています。

子宮の伸縮は自分の意思で出来る事は出来ず、神経でコントロールされています。
そのために、心身が疲れていると子宮の働きが弱くなり、柔軟性が失われてしまいます。
この状態になるのが生理不順を起こす原因です。

しかし、ストレスが必ずしも悪いという訳ではありません。
筋肉をしっかり動かして運動をし、健康を保つように、子宮もストレスをリラックスを繰り返しながら運動を行っています。
なので、重要な点としては、ストレスを一切ない状態にするという事ではなく、時にはリラックス出来る状態を作ってあげるという事です。

リラックスする事が大切

脳が疲れている状態をリラックスさせるためには、毎日しっかりと睡眠時間を確保する事が良いです。
しかし中にはなかなか眠れないという日があるものですが、だからといって起き上がって何かしらの作業をするのはよくありません。
眠れない時にも横になり目を閉じる事で、視界から情報を得るのを完全にシャットアウトしてあげるのが良いでしょう。

人間が得ている情報の大半は視覚からの情報であるため、目を閉じるだけでも脳や目の疲れを回復させるリラックスした状態に出来ます。
眠れないからテレビを見たりパソコンをいじったりするのではなく、しっかりと目をつぶって休むのが大切です。

人間関係の事で悩まれるという方は少なくありません。
ストレスを溜め込みやすい性格の方も多いですが、自分ではなかなか解決できないとうい事も多いです。
ストレス要因を解決する事ばかり考えるのではなく、無理に解決する事を考えすぎるのもまた、ストレスを抱える事に繋がってしまいます。

こういった精神的な問題については、精神科などで専門的なカウンセリングを受ける事も、気持ちを楽にするために効果的です。

Comments are closed.