【過食】予防と対策法

カロリーに気をつけることからはじめる

自分ではしっかりと自覚していなくても、体がストレスを感じていると食事における影響が出てしまうことがあります。
食べても食べても満足感がなく、次々に食べ物を口の中に放り込んでしまう過食の症状に悩まされてしまう人もいるでしょう。
女性に限らず男性でも過食に悩まされてしまうことがあるようですが、まず予防としてはしっかり自分の食欲をコントロールすることになります。

しかしこれが難しくなってしまうのが過食の症状ですので、実際に悩まされてしまった場合には、まずカロリーの低いものを家の中に揃えるようにしましょう。
どんな物でも口に入れたくなってしまいますのでカロリーの高いものばかりを冷蔵庫などに入れておくと過食によって体重が増えてしまい、その他の病気につながってしまう懸念もあります。
そこでカロリーの低いものばかりを揃えておくことで食べ過ぎてしまっても肥満につながってしまう心配が少なく、自分の体の健康状態を少しでも維持することができます。

食欲抑制剤は使わないほうが良い

あまりにも極度の過食状態が続いてしまい治療を受けるのであれば、食欲を抑制するための薬が処方されることもありますが、これはあくまでも医師の診察のもと処方される薬となっています。
しかし近年ではダイエット目的でこのような薬を個人輸入で購入することが可能になっているため、深く考えず服用してしまう人もいるようです。

海外から個人輸入をするということのリスクを知り、独断でこのような薬を服用することがないようにしましょう。
自宅にいる時間が長いとどうしても過食をしてしまう事も増えますので自宅を空ける時間を増やし、ウォーキングに出かけたり、友人などにも協力してもらいながら過食の状態を少しずつストップさせていくと良いです。

特に一人暮らしをしていると過食の衝動を抑えるのが難しくなりますので、ご家族や友人の協力は必要不可欠といえるでしょう。
また仕事帰りなどにもコンビニに立ち寄って、さまざまなお菓子などを購入してしまうことがあるため、所持金も少なく持ち歩くなどの工夫が大切となります。
過食を繰り返すとその後は体重が増えてしまったことによる罪悪感から拒食になってしまう可能性も高いため、上記の通り、体重が増えてしまわないようにできる限りカロリーが少ない物を摂取するようにしましょう。

また長時間口の中に入れていてもすぐになくならないように、飴などを常に準備しておき、こうしたものを口に入れておくことで過食の衝動を抑えることにつながっていきます。
食べたくなった時には食べ物を口に入れる前に糖分の使われていない炭酸水をコップ一杯飲んだり、お水をコップ一杯飲んだりするだけでも満腹感を得られますので、食べる量を自然に減らすことができます。

Comments are closed.