【帯状疱疹】予防と対策法

水痘や帯状疱疹ウィルスが活性化する事によって帯状疱疹を起こす事があります。
一般的には一生のうちに一度しかからない病気で、日本人では6人ほどに1人がかかる病気と推定されているものです。
比較的高齢者が発症する事の多い疾患なため、これから高齢化社会がさらに進行すると、帯状疱疹になる方は増えてくると考えられています。

帯状疱疹を起こすと

初めて感染してしまい水疱瘡を発症すると、帯状疱疹ウィルスは知覚神経を通じて顔の三叉神経や脊髄の神経、坐骨神経などといったさまざまな神経細胞に残ってしまいます。
長期間は症状がほとんどないまま経過しますが、身体の免疫力が低下すると、潜伏されていた帯状疱疹ウィルスが活性化してしまうのです。

主なきっかけとして、加齢や疲労、ストレスやガン、その他の感染症、そして抗がん剤や免疫抑制剤などを服用するなどがあげられます。
帯状疱疹ウィルスが活性化すると、神経を通じて皮膚に現れ、皮膚にてウィルスが増殖してしまい水疱を発症します。

帯状疱疹で現れる症状として、皮膚や粘膜に関連する症状や、神経痛などがあげられます。
皮疹が現れる前に、神経痛や近くなどの異常が数日間続いてしまいます。

この症状は片側の神経分布領域に一致して発症し、それから同じ箇所にやや膨らんだ紅斑が現れ、その内部に小さな水疱が発症します。
この症状が起こる部分として「胸」「お腹」「背中」の箇所がとくに多くなっており、次に顔にみられる事が多いのですが、全身のどこにでも発症する可能性はあります。

帯状疱疹が起こる原因

帯状疱疹の原因は疲労、ストレス、放射線、紫外線などが関係して起こる事が一般的です。
このことから予防策として考えられるのは、疲労をためない事を意識し、定期的に休憩を確保したり、睡眠時間をしっかり取ったり事が大切であると言えます。

ストレスに関しても運動するなどして、精神的や肉体的にストレスを溜め込まないように生活するのが大切です。
さらに、精神的なストレスを溜め込まないように、趣味を楽しむなど、なるべく気持ちが楽になれるような事をする事が重要でしょう。

また、紫外線や放射線などを不必要に浴びてしまう事がないように、屋外に出る場合には日焼け止めを使って紫外線をガードするという事も良いです。

万が一帯状疱疹が起こってしまった場合には、それは疲労やストレスが原因で抵抗力が落ちている可能性が考えられます。
そのため、無理する事をないように、しっかり安静に過ごす事も時には大切です。

食事からはしっかり栄養を補給し、さらに睡眠時間が不足してしまう事がないように、十分な時間を確保するようにしましょう。
症状が発症した箇所が痛んだりかゆくなったりした場合には、患部を冷やすと余計痛みを伴う可能性がありますので、温めるのが効果的です。

帯状疱疹は、人に感染してしまう事はほとんどないものの、場合によっては水疱瘡の方が正常の方に接触すると、水疱瘡を起こしてしまう場合があります。
そのため、症状が完全に治るまでは赤ちゃんや妊婦さんなどにはあまり接触しないように心がけるのが望ましいです。
症状を自覚した際には放置せず、なるべく早めに治療を開始するようにしましょう。

Comments are closed.