【肌あれ】予防と対策法

あれこれとコスメを変えない

美しさを意識する女性にとって肌荒れというのは大敵です。
近年では男性でもお肌の手入れなどをする人が増えてきていますが、肌荒れに悩まされてしまったら、焦ってあれこれとコスメを変えないようにしましょう。
今まで使っていたコスメが肌に合わなくなってしまったのかと焦る気持ちから様々なコスメを次々に使ってしまう人もいるようですが、これはお肌をびっくりさせてしまい、悪循環になります。

まずはこれまでと同じようにコスメを使いながらしっかりと洗顔を行い、自分の私生活において食生活や睡眠時間などにも気をつける必要があります。
お肌の状態というのは、体の状態も示してくれるとも言われているため、肌荒れが長期間続くようであれば、私生活にも乱れが生じている可能性があります。

また、季節の変わり目などにはどうしてもお肌も荒れてしまうことが多いので、このようなケースでは、普段より入念にケアを行い洗顔後に化粧水をつけた後、簡単なパックなどをしてあげるのも良いです。
高級なパックではなく、日頃使っている化粧水をしみこませたパックシートを5分から十分間、お肌に乗せてあげるだけでもお肌の状態が大きく変わってきます。

女性は生理周期も意識する

女性の場合には生理周期によって肌荒れが生じてしまうこともありますので、自分の周期をしっかりと把握しながら意識することも大切になります。
生理が近づいてくると肌荒れを起こしてしまうなどの場合には、できるだけチョコレートなど油脂の多いものを控え脂っこいものや塩分の多いものも控えると良いです。

さらにお肌に対して強い刺激を与えてしまうような洗顔は避けて、泡洗顔などを心がけましょう。
このほか、男性でも女性でも同じ事が言えますがストレスを感じるとどうしても肌荒れが起きやすくなってしまいますので、なんとなくストレスがたまっていると感じたり、肌荒れが治らないと感じたら自分の中でストレス発散に繋がるようなことをしてみると良いです。

友人とカラオケに行って思い切り歌ったり、美味しい食事を食べて気分転換をするのも良いでしょう。
知らず知らず肌の代謝が低下しており、お肌の汚れが落ちていなければ肌荒れを起こしてしまうことがありますので、時にはゆっくりとバスタブで入浴をしながら毛穴を開き汗とともに老廃物を出してあげることも良い方法と言えます。

間違っても沢山のコスメを重ねてつけてしまうようなことはせず、まずはお肌そのものがリラックスできるように心がけましょう。
自分の手で拳をつくり、指を曲げた部分の骨で下から上に向かって、そして中から外に向かって簡単に顔をこすってあげるだけでも肌の代謝がアップするため、肌荒れが改善されることもあります。

Comments are closed.