【肌のかゆみ】予防と対策法

乾燥対策はバッチリと

肌のかゆみというのは基本的にお肌が強い刺激を受けた時や乾燥している時といえます。
特に強い刺激を受けた時というのは、たくさんの紫外線を浴びてしまった時や使用するコスメなどが合わなかったときといえるのではないでしょうか?

このようなケースであれば痒くなってしまった時には無理に変えてしまうのではなく、まずはお肌を鎮静させるため、日頃お使いの化粧水などをたっぷりとつけてあげると良いです。
それでも改善が無いようであれば何らかの負担でお肌のSOS を発していますので、まずはしっかりと洗顔しクーリングなども行ってみると良いです。

紫外線によってお肌が痒くなってしまた時には軽い火傷をしているような状態ですので、やはりクーリングがとても効果的です。
ただし、単純にかゆみ出ているわけではなく、たくさんの湿疹が出ていたりするのであれば、衣類をはじめとして、その他何かでかぶれた可能性や食品によってアレルギー症状が出ている可能性があるので病院で診てもらいましょう。
基本的には乾燥対策をバッチリと行うことによって肌のかゆみは予防することができます。

外出する時にも保湿剤を持って歩く

スプレータイプの化粧水なども販売されていますので、こうしたものを外出する際に持って歩くのも大切です。
近年ではコスメにも保湿成分が含有されたものが増えてきているため、こうしたものを選んであげるのも良いでしょう。
また日頃お使いの化粧水などを小さなスプレーボトルに入れて持ち歩くというのも理想的な方法と言えます。

オイリー肌に悩んでいる人の場合には、てかりを抑えるため頻繁に油取り紙などを使うこともありますが、あぶらとり紙はお肌に大切な皮脂まで取り除いてしまう可能性が高いため、できればティッシュオフがお勧めです。
またこの他、毎日のように使っている寝具に関しては常に衛生的状況を心がけることも大切です。

不衛生な状態にしていると、どうしても細菌などが繁殖してしまい、こういった細菌の影響によってお肌が痒くなってしまうことがあります。
細菌は目に見えないものですから、見た目には綺麗だと思っていても3日から4日洗わずに同じものを使っていると、お肌にも悪影響だと思っていると良いでしょう。

また洗濯に使用する際の柔軟剤や洗剤などの影響によってお肌が痒くなってしまうこともあるので、突然お肌が痒くなってしまった時には寝具に使っている洗剤や柔軟剤を変えていないかを自分の中で確認してみましょう。

特にお肌が敏感な人の場合には、洗濯用の洗剤や柔軟性に関しても低刺激なものを選ぶと良いです。
同じようにコスメを変えたばかりのタイミングで肌が痒くなってしまった時には、短時間ずつコスメを使うように心がけ、少しずつお肌を慣れさせてあげると良いです。

Comments are closed.