【胃潰瘍】予防と対策法

胃潰瘍は消化性潰瘍といわれ、強力な消化液の胃液(攻撃因子)と胃壁を守る粘液(防御因子)のバランスが崩れることで胃液が強くなりすぎ、胃の粘膜を破壊してしまうことで起きるとされています。
この消化をしてくれる胃酸と胃を守る粘液はストレスの影響を非常に受けやすく、ストレスで調子が悪くなっているとバランスを乱しやすくなってしまいます。

胃潰瘍の症状とは

この胃潰瘍では主に痛みを感じることが多く、みぞおちの痛みや空腹時の痛み、食事後の痛みといったもののほかにも酸っぱい水(胃液の薄いもの)が上がってくることやげっぷをすることもあります。
ほかに吐き気、嘔吐(悪化すると吐血)、胸焼けや背中の違和感、便に黒色の血便が混じるといったものがあげられます。

十二指腸潰瘍は若年者に多く、胃潰瘍は40歳以上に多くなっています。
原因は胃酸の出過ぎ、粘液不足、バランスが崩れたことによるものとピロリ菌の関与があげられます。
ピロリ菌は胃潰瘍の患者の7割もが持っているものですが、日本人は多くの方がこの菌をもっており、体内での環境がピロリ菌に対して都合が良くなると起こるとされています。

まだこの菌については分かっていないことも多いですが、一番の原因としては胃酸の出過ぎ、粘液不足、バランスが崩れたことによるもの。
これらはすべてストレスに影響されてそれぞれの制御が効かなくなったことによるものです。
実際に一番影響が大きいとされているのは菌よりもこのストレスによるものだという主張が多く、現状こちらが主流となっています。

ストレスによる胃潰瘍を軽視しない

ストレスによるものだからそこまでひどくはならない、と考えるかもしれませんがそんなことはありません。
バランスが崩れる。
それも胃は栄養を吸収するのに大切な役割があり、その仕事は食べ物を溶かして吸収しやすくすることです。

そのため、体の中でも特に危険な部分を担っており、そのバランスが崩れれば本来溶かさないような強さにするはずの胃酸を強くしてしまうといったことが起きます。
初めは胃が溶かされて痛む程度かもしれませんが、侵食されるにつれて穴が開いたりすると便秘に血が混じったり、吐血するようなことへなります。

そうならないためにはまず生活リズムを整えることから始めていきましょう。
人間にとって睡眠をとるということはとても重要なことです。
そのため、十分な睡眠がとれていない場合は体の制御をうまく脳がとることもできずに胃に穴をあけるような事態へとつながってしまいます。

そのために、寝る時間と起きる時間を統一するとから始めましょう。
生活のリズムはある程度決まったことをすることで体がその行動の前に準備をし、体に負担をかけない、素早くその行動へ移るといったことができます。
そうすることで自分への負担を減らし、より効率的に時間を使いながらも体調を整えることへとつながります。

Comments are closed.