【腹痛】予防と対策法

事前に考えておくと良い

緊張すると腹痛に悩まされてしまうと言う人や、冷たいものを飲むとすぐにお腹が痛くなってしまう人など様々なものがあります。
特に腹痛に悩まされてしまう人の場合には事前に対策を練っておくことが大切です。
通勤や通学で満員電車に乗るとすぐお腹が痛くなってしまいとても大変な辛い思いをしたという人もたくさんいるようです。
参考:http://matome.naver.jp/odai/2138201463681455401

近年では突然お腹が痛くなってしまった時にもすぐに対処できる市販薬などが販売されているので、こうしたものを常備しておくと良いでしょう。
また過敏性腸炎などの場合には緊張感がピークに達した際に、極度の腹痛が襲ってきます。
こうした緊張が前もってわかっているのであれば腹痛が起きる前の段階で予防薬など服用しておくと良いです。

基本的に腹痛というのは前兆などがあるわけではなく、突然お腹が痛くなってしまうので、本当に辛い思いをします。
上記のように過敏性腸炎などであれば自分がどのような状況の中、腹痛が起きてしまうのかがわかっていますので、事前の対策もとりやすくなります。

日頃から冷え対策をする

緊張感などの状況に応じてお腹が痛くなってしまうのではなく、体が冷えてしまうことによって腹痛に悩まされてしまうこともあります。
そういったケースでは常にひざ掛けなどを持ち歩く事も大切ですが、日常生活の中でできる限り体を温めるように心がけましょう。
シャワーだけで入浴を済ませるのではなく、しっかりとバスタブに浸かりながら体を芯まで温めてあげるなどの工夫が必要になります。

女性だけではなく男性でも冷え性に悩まされることが増えているため、体をしっかりと温めるのは腹痛の予防にもつながると覚えていた方が良いでしょう。
また、他にも腹痛などをしっかり予防するためには食事の内容にも気をつけなくてはいません。
どんなに美味しいと思えるものであっても体を冷やしてしまうものばかりを摂取していると知らず知らず冷え症になってしまいますので、腹痛に悩まされる事も増えてしまいます。

痛みを感じたら早めに対策を練る

腹痛を我慢していると、そのまま治ってくれることもありますが、どんどん痛みが強くなってしまうこともあります。そのため痛みを感じたら早めに対策を練る必要があるでしょう。
上記の通りすぐにお腹の痛みを抑制してくれるような薬を常備しておくことも大切です。更に、会議中などであればできるだけ早い段階で一度退室しお手洗いなどに行っておくと良いです。

また満員電車をはじめ、緊張してしまうような場面で、またお腹が痛くなったらどうしようと考えれば考えるほど腹痛に悩まされてしまい逆効果です。
腹痛を頭の中から切り離し、目の前にあることに対して集中すると良いです。

Comments are closed.