【糖尿病】予防と対策法

血糖コントロールが乱れてしまう要因の一つとして、「ストレス」があげられます。
これまでは糖尿病とストレスの関係性はないと考えられている事がありましたが、今では慢性的ストレスが糖尿病を引き起こす原因だという考え方も生まれつつあります。

ストレスは病気の原因に

糖尿病患者が行う治療の行動と、身体のホルモン作用のそれぞれにストレスは影響を与えてしまいます。
ストレスを解消するための過食や、多くのアルコールを摂取、そして運動不足に陥りやすくなるという事もあります。

身体はストレスに耐えるため、血糖値を上昇させてしまう働きがあるため、ストレスを抱えていると、心身のどちらにしても糖尿病の管理を難しくしてしまうものなのです。

生物は危険を察知すると回避したり戦う姿勢をとったりする働きがあります。
これは神経やホルモンが瞬間的に反応して、姿勢をとる働きです。
このようにして身体を保護するための反応が、ストレス社会ではかえって逆の効果を引き起こす事も中にはみられます。

身体に急激なストレスが加わると、体温に加えて血圧が上昇してしまいます。
さらに、心拍数が高まってしまうほか、筋肉の緊張、血液量の増加、ブドウ糖や脂肪が血中に放出される事により、胃腸の働きが低下してしまいやすくなります。
ストレスが一時的なものであればあまり影響はありませんが、慢性的にストレスが加わるようになると、身体の状態もなかなか正常に戻りづらくなってしまうのです。
職場はストレスを感じる要因が多くみられますが、取引先や上司と向き合っていると、心身ともにストレスを感じ、このような反応を起こしてしまう事があります。

一過性のストレスはさほど身体に対して有害なものではなく、悪影響を及ぼすものとしては、慢性的なストレスがあげられます。
繰り返しストレスを感じていると、体も神経もリラックスする時間がなくなり、血糖値はおろか、血圧も高まってしまいます。
休まる事のなくストレスを感じ続けているのが、心身に悪影響を及ぼしてしまいます。

ストレスと糖尿病の関係

慢性的なストレスは、免疫力を低下したり、ガンや心臓病のほか、胃腸障害や2型糖尿病などに関係しています。
動物はストレスが継続的にかかると、甘いもの、高脂肪で満足しやすい食べ物を欲するようになります。

すると、コルチゾルといわれる物質の濃度が一時的に下がり、長期的にみると甘いものなどに逃げる方法は、高い代償を払う事になってしまいます。
なので、甘いお菓子など高カロリーの食べ物に頼らないというのが健康のために大切です。

小さなストレスを継続的にかからないようにするには、やはり趣味や運動を定期的に行い、体と精神的なストレスを逃してあげる事が良いでしょう。
生活のために仕事をしている以上、ストレスから逃げるのはどうしても難しいものです。
自分の中でリラックス出来る方法や、ストレスを発散出来る方法を見つけて試すのが良く、無理にストレス要因を解決するために苦労しないのが良いでしょう。

Comments are closed.