【喘息】予防と対策法

成人してから、喘息に似たような咳が起こる原因は様々みられます。
考えられる原因にはタバコの煙や排気ガスなど空気の汚染に関わるものから、ダニや花粉といったアレルギーがあり、ほかにもストレスによって症状が現れる場合もあります。
成人すると、喘息にかかるのは子供の喘息と比較すると治りづらい特徴がありますが、これは体質がやや異なる事が関係しています。

喘息の症状について

大人になってから発症する喘息は、予兆がほとんどみられない事があり、ある時急に発症する場合があります。
なかなか咳が止まる事なく出てしまったり、呼吸音が「ヒューヒュー」と聞こえたりする場合には注意しなければなりません。

喘息のイメージとして、幼少期に発症する小児喘息を想像される事があると思いますが、大人になってから喘息を発症するという大人喘息も決して稀ではありません。
子供に起こる喘息は多くの場合、治療を続けると10歳前後の時には自然に治るケースが多くみられます。

対して大人喘息の場合、完治するというケースは少なく、長期間にわたって薬を服用して治療を続けていく事が必要になります。
そうならないためにも、早期発見、および早期治療が重要となるのです。

大人喘息の難点として、喘息と考えられるのではなく、別の病気の治療を続けてしまっている事や、気にせず放置してしまい症状を悪化させてから喘息と診断される事があるという事です。
喘息を軽視するのは危険で、そのまま放置していると細作の場合、命に関わる事態に陥る事もあるため、注意が必要になります。

喘息の原因について

喘息の原因はさまざまです。
基本的にはダニや花粉、あるいはペットなどのアレルギーが原因であることが考えられます。
子供の喘息が起こる原因はアレルギーが大半なのに対し、大人喘息の4割はアレルギー以外の原因によって発症する事がほとんどです。

子供と同様にアレルギー体質の方は喘息になりやすいという事はありますが、体質に関係なく、喘息を発症する事は稀ではありません。
例えば、風邪をひくと、その風邪が原因となって喘息を起こす事もあるのです。

さらに多いのが車の排気ガス、そしてタバコが原因になる事もあります。
事例としては、季節の変わり目、気候の変化も原因になりやすく、さらには解熱鎮痛剤を服用する事で喘息になる事も少なからずあるのです。

これらが原因となる大人喘息は、基本的に体の免疫、さらに制御機構が働く事から、あまりかかる事はありません。
ですが、免疫や制御機構が低下した場合、悪影響を取り込まないようにする既往がなく、害のあるものを阻止する事ができなくなってしまいます。

そのように喘息にかかる原因にかかりやすくなるような、体の調子を悪くする原因はストレスが多くなっています。
ストレスが直接的原因になるわけではありませんが、過剰なストレスと受けると免疫力が低下するので、制御機構の働きも悪くなります。
生活習慣としては、睡眠不足、食欲不振に関しても体の機能に悪影響を与えてしまうため、体力を正常にするまえに、体調を崩してしまう事にもなります。

このような事にならないよう、専門医としっかり相談する事に加え、自分自身でできる日常生活でのケアは行っていく事が大切です。
早期にしっかり治す事が肝心で、放置すると一方的に症状が悪化していきます。

Comments are closed.