【円形脱毛症】予防と対策法

円形脱毛症でみられる症状は様々です。
脱毛巣が円形になってできてしまう事もあれば、全体的に頭髪が抜け落ちてしまう場合、そして眉毛やまつげ、その他の体毛など、全身の毛に症状がみられるという場合もあります。

円形脱毛症における特徴としては、脱毛が急速に起こるという点です。
部分的でもまとめて脱毛が起こってしまう事で、その部分の毛がほとんどなくなってしまいます。
今までは正常通り髪の毛が成長していたとしても、急に抜け落ちてしまうという突発的な症状が特徴と言えます。

円形脱毛症の種類について

円形脱毛症と一口にいっても種類は様々あります。
例えば多発型円形脱毛症に関しては、頭部の様々な箇所に単発型の脱毛を繰り返して起こし、円形脱毛が複数現れてしまう事、脱毛部分が広がってしまう事、中にはせっかく治っても再発を繰り返してしまうという事もあります。
ただ、専門的な治療を行った場合、約半年から2年という期間で症状が解決するというケースが多いです。

多発型円形脱毛症が進行していくと、頭部全体の髪の毛が抜けてしまい、最終的にすべて脱毛された状態になるケースもあります。
この症状の事を発融合型円形脱毛症といい、難治性の脱毛症です。

また、前頭脱毛症は、複数で数カ所に起こっていた脱毛部分が次々につながっていき、最終的に全体の髪の毛が抜け落ちてしまうという症状です。
これもまた難治性の脱毛症と言われています。

そして、凡発性脱毛症というのがあり、これは円形脱毛症におけるもっとも症状が重たい分類に該当します。
頭髪をはじめとし、眉毛やまつげ、わき毛や陰毛などのあらゆる体毛が抜け落ちてしまうという脱毛症です。

円形脱毛症の原因とは

円形脱毛症の原因は主に、精神的なストレスや内分泌異常、自己免疫疾患や遺伝的要素による脱毛などが考えられています。

なかでも最も大きな要因とされているのが、自己免疫疾患による影響です。
これは主に精神的なストレスが要因となって起こるものですが、ストレスが原因で円形脱毛症を起こした場合、普段の生活においてストレスの受けているところや生活環境の変化などを見直す事が大切となります。

自身の生活環境がどこか変わった場合、これまでとは異なる場所に置かれるため、環境になれるまで心身ともに負担がかかります。
自分では大した事ではないと思っていても、知らず知らずストレスがたまり、結果脱毛症を発症する事があるのです。
この場合には時間をおき、さらにストレス発散できる事を見つけるのが大切です。

ストレス発散の方法はひとそれぞれですが、新しい場所を歩いてみたり、馴染みの環境を散歩してみたりするなど、脳への経験をさせてあげるのが良いです。
さらに、ストレス発散と言えば、運動がかなりポピュラーな方法と言えます。

脱毛のケアも大切で、抜け毛が気になる向けのブラシを使い、気持ち的にリラックスできるように対策するのも良いです。
頭髪は伸びるのにどうしても時間がかかりますので、根気よく経過をチェックしていくのが良いでしょう。

Comments are closed.