遠距離のストレス

不安感を取り除く工夫

遠距離恋愛の末、見事結婚するなどというカップルやご夫婦などもいるようですが、実際に遠距離恋愛をしている間というのは、様々なストレスを抱えるようです。
毎日のように長電話をしている方々の場合にはストレスのも感じにくくうまく付き合っていくことができますが、お互いに仕事が忙しかったりするとそうもいきません。

やはり遠距離相手のストレスというのは会えないと言うだけではなく、距離があるため、単純に相手の行動を把握することが難しく、こうした部分が不安となってストレスへと変わってしまうことがほとんどです。
大好きな恋人と会えないというだけでも大きなストレスを抱えてしまうものですが、さらに相手がどこで何をしているのかわからないという不安があるとその分、相手のことを考える時間が長くなってしまいます。

連絡が取れなかったりすれば、その分さらに不安で仕方がなくなってしまうでしょう。
このようなストレスを出来る限り遠ざけるためには、前述の通りお互いに長電話をすることを心がけたり頻繁にメール連絡などを取り合うことが大切になります。
近年では通話料を気にせずに長電話できるようになったので、こうした部分では遠距離恋愛をしている方々にとってとても助かるサービスといえるのではないでしょうか。
以前に比べれば、相手と思うように連絡がとりやすくなりました。

いくつかの決め事をしておくとよい

遠距離恋愛をしていてストレスを遠ざけるためにはお互いにいくつかの決め事をしておくと良いでしょう。
朝の寝起きはもちろんですが、その他仕事が終わる時間には双方でメールをすることや、寝る前には必ず電話をするなどと言う決め事をしておけば、その分安心感が大きくなります。
いつ連絡が取れるかわからないような状況が続いてしまうと、どうしても不安は大きくなり、相手を疑ったりする気持ちも出てきてしまいますのでお互いがこのような気持ちを持たなくて済むように努力をする必要があります。

頻繁に会うことができなくても毎日の電話連絡やメール連絡というのは気持ちをとても穏やかにしてくれるものであり、相手を信用出来る理由になります。
お互いに不安な思いをさせないように相手の気持ちをしっかりと考えながら行動を起こすことによって、距離が離れていても気持ちが離れないままでいられるのではないでしょうか。

もちろんお互いの都合が合い、会える時には思う存分デートをしたり、お互いに積もり積もった話をゆっくりする時間を作りましょう。
2人だけで連絡を取ることも大切ですが、その他SNSなどのツールを使いながらお互いのことや友達関係などが把握できるような状況を作っておけば、不安になってしまうことや相手を疑うこと少なく、安定した付き合いが続くのではないでしょうか。

Comments are closed.