慢性疲労症候群を引き起こしてしまう要因として、ストレスが関係しているという事が分かっています。
外来を受診されている患者と医師との問診では、慢性疲労症候群においてストレスとの関連性が否定される事がありますが、自覚がなくても健常な方よりストレスを多く抱えている事が多いのです。

慢性疲労症候群が起こる原因は

健常な方に比較して慢性疲労症候群の患者が多くみられる点は、睡眠習慣の変化です。
例えば、睡眠時間に変化があったり、睡眠に費やしている時間帯の変化だったりする事などがあげられます。

また、原因はそのほかにも様々あります。
「家族の行動や健康の変化」「親戚とのトラブル」「配偶者とのトラブル」「怪我」「病気」「環境の変化」など様々ですが、これらのような事は発症する原因として考えられるものの一部としてあげられます。

生活環境ストレスというと、人間関係をイメージされる事が多いかと思います。
しかし実際には仕事の残業や労働などに加え、物理的ストレスといえる紫外線や騒音などもあります。
また、ウイルスや寄生虫、細菌などが原因でストレスを伴うような例も決して少なくありません。

ストレスに関するする疾患を考える時は、ストレスの強さや多さだけではなく、どれだけの感受性、あるいは抵抗性があるのかという事を考える事も大切になります。
慢性疲労症候群を抱える方には、細かい作業を得意としていても些細な事に神経質になる性格を持っている事もありますし、作業は全て自分がやらなければ気が済まないという完璧主義者のような方が多い傾向があります。

こういった事から考えられるのは、ストレスを受ける事に関して外的による要因の強さに限らず、ストレスを受ける人によるのが慢性疲労症候群であるとも言えます。

慢性疲労症候群を予防するために

細かい事が気になる方、全てを自分で完璧にして周囲の評価が気になる方などが、ストレスを溜め込みやすい傾向にあります。
慢性疲労症候群を予防するために、急に改善しようとしても心身への負担が大きいため、かえって改善するのが難しくなります。

そのため、大切な事としては少しずつ改善できるところを直していくような、地道な対処が大切と言えます。
例えば、心身に疲れを感じているという場合、しっかりと休息の時間を確保する事が大切です。
休まずずっと作業をしていたり、気を張っていたりすると、それが疲れとなり、ストレスにもなってしまいます。

また、ストレスを解消するために、気晴らしをする事も大切です。
ストレス解消で一般的な事としては「運動」や「趣味」に時間を費やすという事です。

特に成人になると運動をする機会が非常に少なくなりやすく、そのために体にストレスを抱えてしまうという事が多いです。
かといって激しい運動をして過度に負荷をかけてしまうのも逆効果なため、軽く体を動かしてストレスを解消できる時間を作ってみると良いでしょう。

ストレスと自律神経の乱れの関係性を知る事は、うつ病を克服するために肝心なポイントと言えます。
ストレス反応時、交感神経が過剰に働いてしまう特徴があります。
これがストレスによって自律神経が乱れている状態で、うつ病の入り口なのです。
自律神経が乱れる事は、交感神経が過剰に働いてしまう事が影響して起こるのです。

鬱になると交感神経すら正常に働く事が出来なくなってしまいます。
しかし、始めに乱れる自律神経は、必ず交感神経が過剰に働くような仕組みになっており、これが肝心なポイントとも言えます。

自律神経失調症はなぜおこるのか

なぜ、ストレス反応時に交感神経が過剰に働く反応が起こるのかという点についてご説明します。
人間も含めて多くの生物は、ストレスを感じるとその危機から逃れようとする働きをします。
このように働きがないと、生命への危機を回避するための反応が遅れてしまうのが大きな理由と言えるでしょう。

そして危機から回避するためには、体を動かす必要があり、それには酸素と糖が必要です。
それら酸素と糖は血液が運搬を行いますが、体を俊敏に動かすには筋肉に多くの血液が必要となります。

大きな動きをする時、それに伴った酸素や糖が欠かせなくなるため、多くの酸素や糖を欲するのです。
そうすると、心臓の動きを早めて、血圧を高めていきます。
血圧を高めるような働きは交感神経の働きに関係しています。

ストレスがかかると自律神経の中でも交感神経が過剰に働くような仕組みになっており、同時に副交感神経が働かなくなってしまいます。
副交感神経が正常に働かなければ、自律神経の片方だけが活発になるため、乱れが習慣化してしまい、それが自律神経失調症と言われるものです。

自律神経失調症を予防するために

自律神経の乱れを起こさないようにするためには、基本的にストレスを受けないように生活する事が必要となります。
基本的にストレスは嫌な事に対して感じる事がほとんどです。
かといって、簡単に環境や体質を変えるような事ができるものではありません。

そこで根本的に解決する事を真っ先に考えるのではなく、上手に付き合っていく気持ちを持つ事も大切なのです。
手早く行える対策法としては、生活リズムの改善です。

例えば、早寝早起きを心がけたり、毎日の食事時間を一定に規則正しく行ったりするほか、朝食をしてからは便意を感じなかったとしても、トイレに行くように心がけるなど、毎日の生活にリズムを作っていくのが、心身を整えるのに効果的です。

また、運動をして適度に体へと負担をかける事、気持ちが楽しめるような趣味に没頭するようにする事もストレス解消に良いでしょう。
自分一人で考え込むのではなく、ストレスと上手に付き合っていけるように心療内科の専門医に相談するというのも良いです。

現代社会においてストレスは避けて通れない存在とも言えます。
しかし対策なしで対処できるものでもありませんので、適切な付き合い方を試みるようにしましょう。

成人してから、喘息に似たような咳が起こる原因は様々みられます。
考えられる原因にはタバコの煙や排気ガスなど空気の汚染に関わるものから、ダニや花粉といったアレルギーがあり、ほかにもストレスによって症状が現れる場合もあります。
成人すると、喘息にかかるのは子供の喘息と比較すると治りづらい特徴がありますが、これは体質がやや異なる事が関係しています。

喘息の症状について

大人になってから発症する喘息は、予兆がほとんどみられない事があり、ある時急に発症する場合があります。
なかなか咳が止まる事なく出てしまったり、呼吸音が「ヒューヒュー」と聞こえたりする場合には注意しなければなりません。

喘息のイメージとして、幼少期に発症する小児喘息を想像される事があると思いますが、大人になってから喘息を発症するという大人喘息も決して稀ではありません。
子供に起こる喘息は多くの場合、治療を続けると10歳前後の時には自然に治るケースが多くみられます。

対して大人喘息の場合、完治するというケースは少なく、長期間にわたって薬を服用して治療を続けていく事が必要になります。
そうならないためにも、早期発見、および早期治療が重要となるのです。

大人喘息の難点として、喘息と考えられるのではなく、別の病気の治療を続けてしまっている事や、気にせず放置してしまい症状を悪化させてから喘息と診断される事があるという事です。
喘息を軽視するのは危険で、そのまま放置していると細作の場合、命に関わる事態に陥る事もあるため、注意が必要になります。

喘息の原因について

喘息の原因はさまざまです。
基本的にはダニや花粉、あるいはペットなどのアレルギーが原因であることが考えられます。
子供の喘息が起こる原因はアレルギーが大半なのに対し、大人喘息の4割はアレルギー以外の原因によって発症する事がほとんどです。

子供と同様にアレルギー体質の方は喘息になりやすいという事はありますが、体質に関係なく、喘息を発症する事は稀ではありません。
例えば、風邪をひくと、その風邪が原因となって喘息を起こす事もあるのです。

さらに多いのが車の排気ガス、そしてタバコが原因になる事もあります。
事例としては、季節の変わり目、気候の変化も原因になりやすく、さらには解熱鎮痛剤を服用する事で喘息になる事も少なからずあるのです。

これらが原因となる大人喘息は、基本的に体の免疫、さらに制御機構が働く事から、あまりかかる事はありません。
ですが、免疫や制御機構が低下した場合、悪影響を取り込まないようにする既往がなく、害のあるものを阻止する事ができなくなってしまいます。

そのように喘息にかかる原因にかかりやすくなるような、体の調子を悪くする原因はストレスが多くなっています。
ストレスが直接的原因になるわけではありませんが、過剰なストレスと受けると免疫力が低下するので、制御機構の働きも悪くなります。
生活習慣としては、睡眠不足、食欲不振に関しても体の機能に悪影響を与えてしまうため、体力を正常にするまえに、体調を崩してしまう事にもなります。

このような事にならないよう、専門医としっかり相談する事に加え、自分自身でできる日常生活でのケアは行っていく事が大切です。
早期にしっかり治す事が肝心で、放置すると一方的に症状が悪化していきます。

<< previous posts || next posts >>