モラルハラスメントとは

近年、モラハラと呼ばれるモラルハラスメントが問題視されています。
日常的なやりとりの中で身近な人の非難できるポイントを探してそこを陰湿に攻め立てたり指摘したりして、相手の価値を下げることが一般的なやり方です。
このように加害者は被害者のことを見下すような行動をすることで優越感に浸り気持ち良さを感じます。

モラハラというのは近隣の住民や子供のクラスメイトの母親、会社の上司だけでなく夫といった家族から受けるというケースもあります。
日常の様々な場面で被害者になることがあるものなのです。

モラルハラスメントが起こる環境というのは日常にたくさんあります。
世の中にはどうしても上下関係が作られる場面があるために、起こりやすくなるのです。

とはいえ、いつまでもそのような環境に身を置いていれば精神的に参ってしまいます。
そこで、ここではモラルハラスメントが起こりやすい環境や被害者と加害者の特徴、といったことを紹介していきます。

モラルハラスメントとは上手な状況設定がある

モラハラ被害者というのは加害者の巧みな操作によって自分が非難されても仕方ないのだと思ってしまう環境が作られがちです。
そして加害者も自分が一緒にいることで被害を受けている、迷惑なのだという状況を作り出し被害者を追い込むようになります。
このような環境が自然と作り出されてしまうと被害者はどんどんと自分に非があるのだと思い自己否定をしやすくなるという悪循環が出来上がります。

被害者が自分を責めている状態ではずっとこのモラハラの環境を変えられません。
大事なのは加害者がうまく状況を作り上げていることに気づくことです。
もちろん被害者自身に非があることもありますが、それ以上に責め立てられていることがほとんどですから、このような状況に陥った際には冷静に一度振り返る機会を設けることが重要です。

モラハラをする人の特徴

モラハラをする人というのは一般的に行くつかの特徴があります。
自分が優位に立ち賞賛されたいタイプ、他人に共感することや心を通わせることをしないタイプ、他人をほめず欠点ばかりに目がいくタイプ、といった人はモラハラを起こしやすい傾向があるとされています。
周囲にそういう人がおり、モラハラのように相手に否定的なことばかり伝えてくる場合には少し警戒するようにしましょう。

モラハラ加害者の多くは自覚症状なく相手を傷つけたり自尊心を奪ったりするようなことを言っていることも多いです。
また、被害者となりやすい人は人がよく、真面目で相手のことを傷つけないようにと我慢する傾向があります。
しかし、きちんと嫌だと思っていること、傷ついていることをきちんと伝えるようにしてお互いの状況が変わるようにすることが重要です。

強いストレスを受けると、体は胃炎や胃潰瘍、便秘や腹痛など、さまざまな不調を起こします。
有名なのは胃潰瘍ですが、実は食道、胃などの病気はストレスが原因、ということが多いのです。
その理由は胃酸が逆流してしまい、それが食道や胃などを傷つけてしまうことに原因があります。
ご自身では気づいていても、なかなか症状が改善しない、ということも珍しくないだけに注意が必要です。

このため、胃酸が少し逆流しただけでも、症状が悪化している状態ですと、激しい痛みやむせることがあります。
今回は、ストレスを解消して、これらの症状が発生しないためにはどうすればいいのか、ということを具体的にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

逆流性食道炎の予防

睡眠不足で、脳や体に疲れがたまると、必然的にさまざまな体の異変も発生するものです。
ご自身では気づかないうちに内臓が疲労してしまい、それが原因でさまざななトラブルが発生することがあります。
朝起きたときの目覚めが悪い、ということは体の不調のサインといえるでしょう。
睡眠は体の疲労を取るとともに、さまざまな症状を予防することにつながるのです。

夕食は、就寝2〜3時間前までで食べすぎに注意をされることがポイントです。
これは、胃腸などの消化器に負担をかけない、ということや、それ以上に体に負担をかけすぎない、ということが大きな要素にもなっています。

また、眠る前にお風呂に入浴する、ということもひとつの方法です。
リラックスした時間は自然と疲労をとることになります。
特に疲れているときには、精神的な負担を軽減することにもつながりますので、ぜひご活用ください。
無理をしないで、毎日の生活の中でどのように休めるのか、ということを自分の中でしっかりと確保しておくことで症状をかなり軽減することができますので、その点は十分に意識されておくようにすると良いでしょう。

逆流性食道炎の対策

「筋弛緩法」という方法で気分をリラックスさせてストレスを減少させてみてはいかがでしょうか。
逆流性食道炎は実は私たちの生活の中でストレスを感じるときに発生しています。
無意識に筋肉が緊張して体がこわばり、それが原因で吐き気などにつながっていることがあります。
これは無意識のときに発生してしまう、ということがあるため、なるべく緊張の状態を避けるようにすることがポイントです。
心身をリラックスさせることで症状を緩和をさせることです。

他には寝る前に何か自分の気持ちを落ち着かせることをされることも良いでしょう。
日記をかくなど、一日を振り返るような習慣をつけると、自然とストレスを解消することにつながる場合があります。
また、そうするだけでもほかのことに集中できるため、症状を緩和することができます。

また、一日を振り返る、ということをする、何か就寝前に一日を忘れることをする、などだけでもずいぶんと症状が変わってきます。
少しずつ楽になればご自身でも症状への不安も自然と減少させることができるようになるでしょう。

血糖コントロールが乱れてしまう要因の一つとして、「ストレス」があげられます。
これまでは糖尿病とストレスの関係性はないと考えられている事がありましたが、今では慢性的ストレスが糖尿病を引き起こす原因だという考え方も生まれつつあります。

ストレスは病気の原因に

糖尿病患者が行う治療の行動と、身体のホルモン作用のそれぞれにストレスは影響を与えてしまいます。
ストレスを解消するための過食や、多くのアルコールを摂取、そして運動不足に陥りやすくなるという事もあります。

身体はストレスに耐えるため、血糖値を上昇させてしまう働きがあるため、ストレスを抱えていると、心身のどちらにしても糖尿病の管理を難しくしてしまうものなのです。

生物は危険を察知すると回避したり戦う姿勢をとったりする働きがあります。
これは神経やホルモンが瞬間的に反応して、姿勢をとる働きです。
このようにして身体を保護するための反応が、ストレス社会ではかえって逆の効果を引き起こす事も中にはみられます。

身体に急激なストレスが加わると、体温に加えて血圧が上昇してしまいます。
さらに、心拍数が高まってしまうほか、筋肉の緊張、血液量の増加、ブドウ糖や脂肪が血中に放出される事により、胃腸の働きが低下してしまいやすくなります。
ストレスが一時的なものであればあまり影響はありませんが、慢性的にストレスが加わるようになると、身体の状態もなかなか正常に戻りづらくなってしまうのです。
職場はストレスを感じる要因が多くみられますが、取引先や上司と向き合っていると、心身ともにストレスを感じ、このような反応を起こしてしまう事があります。

一過性のストレスはさほど身体に対して有害なものではなく、悪影響を及ぼすものとしては、慢性的なストレスがあげられます。
繰り返しストレスを感じていると、体も神経もリラックスする時間がなくなり、血糖値はおろか、血圧も高まってしまいます。
休まる事のなくストレスを感じ続けているのが、心身に悪影響を及ぼしてしまいます。

ストレスと糖尿病の関係

慢性的なストレスは、免疫力を低下したり、ガンや心臓病のほか、胃腸障害や2型糖尿病などに関係しています。
動物はストレスが継続的にかかると、甘いもの、高脂肪で満足しやすい食べ物を欲するようになります。

すると、コルチゾルといわれる物質の濃度が一時的に下がり、長期的にみると甘いものなどに逃げる方法は、高い代償を払う事になってしまいます。
なので、甘いお菓子など高カロリーの食べ物に頼らないというのが健康のために大切です。

小さなストレスを継続的にかからないようにするには、やはり趣味や運動を定期的に行い、体と精神的なストレスを逃してあげる事が良いでしょう。
生活のために仕事をしている以上、ストレスから逃げるのはどうしても難しいものです。
自分の中でリラックス出来る方法や、ストレスを発散出来る方法を見つけて試すのが良く、無理にストレス要因を解決するために苦労しないのが良いでしょう。

<< previous posts || next posts >>