親戚とうまく付き合う方法

常に合わせる必要は無い

親族をはじめとして、親戚と上手に付き合っている人もいれば、反対に折り合いが合わずうまくいかないという人もいるようです。
どうしても顔を合わせることがある親戚同士では、関係がうまくいかないと様々なイベント事などの際にストレスを感じることになってしまいます。
顔を合わせるたびにお互いが嫌味を言い合っていたり、けなし合いをしてしまうようでは、双方でストレスを感じてしまいますので、こうした関係は避けた方が良いでしょう。

また、自分勝手なことばかりを言う親戚などもいるようですが、こういったケースでは必ずしも無理に付き合う必要はありません。
うまく理由をつけて断ることも重要になってきます。
中には非常に無理なことばかりを言ってくるような親戚などもいるようですが、自分では反省せずに周りに迷惑をかけてしまう人もいるようです。

とはいえ最低限のマナーは心得ておきましょう。
礼儀がしっかりしていれば不思議なことに人間関係もうまくいきやすいものです。
下記のサイトではお歳暮の基礎知識などを紹介していますのでご参考にされてみてください。
参考:http://www.daimaru-matsuzakaya.jp/d/oseibo.html

自分自身が嫁いだ先で親戚関係に悩まされてしまうと、自分の思ったこともできずに常にストレスにさらされてしまうことになります。
このようなケースなら配偶者に相談しうまく解決していくように心がけていきましょう。
しかし、このような親戚などからモラハラが行われていたりするようであれば、我慢するような内容ではありません。
配偶者がしっかりと対処してくれないのであれば、親戚同士の集まりなどには不参加として、ストレッサーには触れないようにすることが大切となります。

このようなケースで配偶者が協力してくれないのであれば、離婚問題にも発展することにもあり得ます。
常に我慢をしてしまうのではなく、自分の意見などをはっきりと伝えていくようにした方が良いでしょう。

押しかけて来られるケース

親族の集まりなどに出かけると、親戚からの小言でストレスを感じてしまうという人もいると思います。
そもそも集まりに出席しなければ良いことですが、頻繁に自宅まで押しかけられて困っているという人もいます。

このようなケースでは何らかの理由をつけて自宅をできる限り開けるようにすることも大切です。
事前に自宅にくることが分かっていれば、その段階で何らかの理由をつけて断ることができます。
しかし、突然押しかけてくるというケースではあまりのストレスによって居留守を使うという人もいます。

どのような状況であれ、必ずしも親戚だからと我慢する必要はありませんので、時にははっきりと迷惑だという事を伝える勇気も持ちましょう。
親戚全員が同じような感覚を持っていると自分だけがストレスを感じることになります。
ただ、一人だけが少々押し付けがましい言動をとっていたり、他の親戚も迷惑しているような状況であれば、他の親戚にも話をしましょう。

その上で自分の味方につけてしまうという方法があります。
こうなれば他の親戚なども含めて押し付けがましい行動をとっていたり嫌味を言ったりする親戚に対し、皆で注意をすることができます。
その結果ストレスの原因となる言動がエスカレートしてしまうことの抑制につながります。

Comments are closed.