部下とうまく付き合う方法

フォローやカバーをする

長年同じ会社で働いていると必然的に自分が上司になり部下が出来ることになります。
近年では部下となる若者が忍耐力を持っていないと言う意見が多くなってきたり、常識がないと言う意見が多くなっていたりしますが、部下と上手く付き合って行く方法を上司として心得ていなければなりません。

何故なら上司の関係というのはあくまでも仕事上での先輩後輩になりますから、上司としてしっかり心がけておかなくてはならないのは、部下が自分の所有物ではないということになります。
部下が失敗をした時にはうまくフォローしてあげたり、カバーをしてあげるのが上司の役割となります。

もちろん時には叱ることも大切ですが、それはあくまでも部下があまりにも多くの不注意を繰り返していたりするケースとなります。
上司が自分の気分次第で不可能な仕事を押し付けたり、ひどい言葉を投げ付けたりするのはパワハラになります。

部下から学ぶこともある。

前述の通り基本的には上司が部下に対して様々な仕事をしたり仕事をフォローするものですが、ときには部下から教わることもあります。
今まで自分では経験できていいない挫折などを部下が味わい、その際にどのように乗り越えていくのかなどを間近で見ていると、こうした部分がとても勉強になるでしょう。

上記の通り部下=自分の後輩だからと言って自分の好きなように扱ってよいわけではなく、さらには自分の思っていることを次々にひどい言葉でぶつけて良いわけでもありません。
どうしても部下が思うように働いてくれないかったり上司として自分の責任が大き過ぎてしまう場合には、部下と面と向かってゆっくり話をすることも大切です。

基本的には仕事上での付き合いになりますが、お互いに心良く仕事ができるようにするためには膝をつき合わせてゆっくり話をする時間を作ると良いでしょう。
仕事がどのようなものなのか、会社はどのようなものなのかというのはその人によって様々な認識の違いがあります。
そのため上司だからという理由だけで部下に対して様々なことを押し付けたりするのは良いこととは言えません。

部下が働きやすく、さらには頑張ろうと言う気持ちになるためには、上司はどのように振舞ってあげれば良いのかについてを考えるのが本当に良い上司といえるのではないでしょうか。
近年注目されているように職場でのパワハラというのは、上司から部下に対して行われているものです。
こうした問題の起きないように自分自身がしっかりと部下を守って行く心づもりが必要です。

褒めるとき、叱るときのメリハリ

部下は当然ですが仕事で失敗することもあります。
反対に成長と共に仕事に成功することも増えてくるでしょう。
このような場面で褒めること、そして叱る事のメリハリをしっかりとつける必要が出てきます。
ここでのメリハリを上司がしっかりとつけることによって部下はどんどん成長し、さらに仕事がしやすい状況となります。

Comments are closed.