睡眠とストレスの関係性

睡眠とストレスとの関係

仕事や人間関係、様々なことで人はストレスを感じるものです。
ストレスのない世界というのはないものであり、どういった場面でも人はストレスを感じてしまいますし、適度なストレスは必要とされています。

しかし、ストレスを感じ過ぎてしまうと心と体のバランスを崩してしまいがちです。
特に、ストレスがたまると睡眠がうまく取れなくなるという人が多いです。

逆に睡眠が上手に取れるとそれだけでストレスは解消できます。
睡眠とストレスとは深い関係があるのです。

睡眠でストレス解消

睡眠というのはストレスを解消するという役割を持っています。
実は、睡眠不足になるとストレスが溜まりがちになるのは睡眠でストレス解消ができていないことに原因があるのです。

睡眠不足になると、脳にある扁桃体という場所が活発化します。
これによって不安や恐怖を感じやすくなりうつ症状が起こりやすくなるのです。
睡眠の質が改善するだけでうつ症状が軽減できるとされており、睡眠の質を改善することはとても重要視されています。

睡眠の質の高さというのは、長く眠れば良いのではありません。
眠りが浅くては長く眠ってもストレスは減らないのです。
大事なのは睡眠の質を高めることです。

睡眠の質を高めるためには

深い睡眠をとるためにとても効果があると言われているのが起床後1時間以内に朝日をしっかりと浴びることです。
これによって起床後に睡眠を司るホルモンであるメラトニンが減って脳が目覚め、夜にはメラトニンが増えて熟睡するリズムが整うようになります。
これによってストレスを減らすことができるのです。

また、糖質の多い食事は血糖値が夜間に上がりやすく睡眠の質が悪くなることがあります。
そこで、日頃から糖質を多くふくむ炭水化物が多めの食事をしている人は、夕方以降に炭水化物を食べる量を調整すると血糖値が安定して睡眠の質を改善することができる場合があります。

最近注目されているのが寝る前にテレビを見たりスマートフォンを見たりしてブルーライトに当たることです。
特に、ベッドの中に入ってから見ると、ベッドの中で脳が活発化する習慣がついてしまい寝付きにくくなります。
そこで、どうしても寝る前に閲覧する場合にはベッドの外で閲覧するようにして、ベッドに入ったらもう覗かないようにすることを定着させましょう。

同様に、布団に入ってからも眠れないという場合には脳に寝る場所ということを定着させるために、寝床から出て別のことをするようにした方が良いです。
寝床に入っても15分眠れないという場合には、一度寝床から出て別のことをして眠くなったら戻るようにしましょう。
ホットミルクを飲んだり本を読んだり音楽を聴いたり、眠くなる習慣を身につけるということもオススメです。

Comments are closed.