介護のストレス

介護はとても大変なもの

昔から、歳をとったら両親の介護をすることは当然であると考えられてきました。
しかし、昔と今とでは環境の違いがあり、介護は簡単にできるものではなくなっています。

まず、核家族化に伴って一人当たりの介護での負担が大きくなっています。
さらに、高齢化が進んでいるために両親の介護が何年続くかわかりません。
人によっては一人で両親の介護を20年以上見るというようなケースもあり、その負担は年々大きなものになっています。

もちろん、行政としてもこの状況を打破するために様々な施作を行おうと努力をしています。
しかし、高齢化に伴って介護を必要としている人は数を増やしており、まだまだ介護職に従事する人の数も不足していますし、政策も追いついていないのが現状です。
そのため、誰もがこのような介護の問題で悩む可能性があるのです。

介護のストレス

介護をする際にはストレスが伴うことは当然です。
自分の両親や配偶者の両親であるからこそ、認知症になってしまったり、体が不自由になってしまったりして思うようにいかないことで八つ当たりをされたりストレスを抱えたりとどちらも気持ちが落ち着かないことがあります。
そして、長く続く介護と日常生活とで、生きている意味が見出せなくなったり、いつまで続くんだろうかと不安になったりすることもあり、そういった不安から心身に支障をきたすこともあるのです。

特に、近年では介護が長く続くことでの金銭的不安も問題としされており、注目を集めています。
介護をするために仕事が思うようにできなくて給与を得ることができなかったり、介護をする家族を養うための生活費が必要であったりすることでの負担が大きくかかってくるのです。
このように、介護の中ではたくさんのストレスを抱えることになるのです。

介護のストレスを軽減するために

介護をしている限り、ストレスを感じずに過ごすことはできません。
また、介護が終わるというのは介護者が亡くなるということであり、その時には喪失感からストレスを感じるということもあります。
このように、介護というのは様々な形でストレスが発生するものであり、上手に付き合い軽減をしていくことが重要になります。

介護の負担を軽くするために、まずは介護者についての知識を深めることが重要です。
思い通りにいかない時に「これは病気の症状だ」とか「介護の中でよく出てくることだ」と知っているだけでも少し負担が軽減されます。

また、介護について勉強をすれば、行政サービスについての知識も身につけられます。
これによって受けられる支援であったりサポートを知ることができ、介護の負担を軽減することができることもあるのです。

Comments are closed.