育児のストレス

子育てはストレスが溜まりやすい

子供は可愛いですし大事な存在です。
しかし、常に自分の思い通りにはならないですし、時には辛くて投げ出したくなることもあって当然です。

特に小さい時にはなんども起きなければならなかったり、泣き止まずにずっと抱き続けたりということもあり、ストレスフルになったり自分が悪いのかと不安になったりすることもあります。
子供に対してストレスを感じるということが自分は悪い親なのではないかとか未熟なのではないかとかと感じてしまい、人に打ち明けられずに抱え込んでしまうということもあります。

こういった育児でのストレスは誰もが感じることであり、感じることが悪いことではないことを認めることがまずはとても重要です。
そして、悩んでいることや不安なこと、ストレスに感じているということを周囲に伝えることで協力してもらったり、ストレスを吐き出したりして解消していくこともとても重要なことなのです。

育児でストレスを感じる場面

育児をしていると、子供のために生きていて自分の生きがいを見失ってしまうことがあります。
特に出産前まで外で働いている人は社会から取り残されているような不安を感じることも多いです。
仕事をしないことで社会に貢献できていない、生産性のない暮らしをしていると不安になることもあります。

子育てというのはとても大事な仕事であり、社会に貢献していることでもあります。
しかし、外からはなかなか評価されないですし、毎日同じようなことを繰り返し狭い世界で生きていることでの不安や苦悩は出てくるものです。

また、家にいて子供のことだけをしていると言っても、実際には自分の時間を持つことができないことも多々あります。
そしてゴールがないために達成感を感じることができません。
日中は子供と二人だけで過ごしていることでの閉塞感を感じることもあります。

このように、育児をしている中でストレスと感じてしまう要因はたくさんあるのです。
そして、人によってストレスを感じるポイントも精神的に負担となるポイントも変わってくるのです。

育児ストレスの解消方法

育児の中で起こるストレスを解消する方法はいくつかあります。
それらの中で自分にとって有効なものが何かを見極めることが重要です。

例えば、自分の時間を持つことができないことにストレスを感じている場合、自分の時間を作れるように工夫をすることでストレスを軽減することができます。
時にはお惣菜を購入してきたり、掃除の頻度を下げたりしてうまく手抜きをすることが重要です。

また、勇気を持って少しの時間家族に子供を預けることもとても良い方法であり、これは夫にとっても育児を見直すきっかけになります。
一人で子供を見ることがどれだけ大変なことかを知ることができますし、協力をしようと考えるきっかけにもなります。

Comments are closed.