配偶者の死でのストレス

近親者の死というのはストレスの伴うもの

多くの人は、誰か身近な人が亡くなるととても悲しくなりますし辛い気持ちになります。
死というのはとても悲しいものであるために、極力誰もが死について考えたくないと思いますし、そういった場面には遭遇をしたくないと思うものです。

しかし、人はいつか必ず死にます。
自分が先に誰かを見送ることは必ず訪れるものです。

特に配偶者が亡くなることは悲しみも大きいですし、ストレスにもなりやすいです。
自分のパートナーであり大事な人ですから、亡くなった喪失感も大きいですし、家族がいる場合は残された家族をどうやって育てていくのかということでも不安が大きくなります。

日本ではまだまだ配偶者を亡くした際のストレスについては認知が低いですが、遺族にとってはとても深刻な問題です。
配偶者が亡くなると、残された家族の死亡率というのは格段に上昇するとも言われています。
そこで、ここでは配偶者がなくなった際のストレスの緩和の仕方を紹介していきます。

感情を無理に押し込めないことが重要

私たちはどうしても悲しい気持ちや辛い気持ちを人前に出すことはよくないことであるということを思いがちです。
しかし、感情というのは押し込めても決して消えるものではないですし、むしろ溜め込むことでネガティブになることが多いです。

特に家族が亡くなると後悔が浮かぶことが多いです。
あの時こうすればよかったとか、自分に非があったのではないかという気持ちが芽生えることが多く、それで自分を責めてしまいがちになります。

そこで、そういったネガティブな気持ちを吐き出すことが重要です。
言ったからといって完全に解消することができないことも多いですし、正解が見つけられるわけでもありません。
しかし、誰かに話を聞いてもらえるだけでも十分に気持ちを軽くすることはできますし、気持ちの整理をするのに役立てることができます。

カウンセリングを活用するのも一つの手段

友人や家族にネガティブな気持ちを伝えると心配されてしまうと考えたり、相手に不快な思いをさせてしまうのではないかと考えて思っていることを伝えられなかったりするという人も多いです。
そのような場合には、気持ちを伝える相手を第三者にするというのも一つの方法としてあります。

特にカウンセラーに相談をすれば、守秘義務があるので話を聞いたことを第三者に口外されることがないですし、傾聴の姿勢でただ話を聞いてくれるのでスッキリしやすい効果があります。
近年では遺族外来として、遺族のカウンセリングをしている病院もあります。
グループカウンセリングを行っている病院もありますから、そういったものを活用するのも一つです。

Comments are closed.