旦那がストレスだと思う家庭

自宅は職場よりもストレスが多い

最近では職場よりも自宅の方がストレスを感じているという人が増えています。
家族というのは自分の中で大事な存在であり、自宅というのは癒しの場所のはずなのに、家族と過ごすことや家で過ごすことが苦痛となってしまうことがあるのです。

こう言った状態は精神的に良いものではありませんし、自分だけでなく家族に取っても悪影響を及ぼす可能性があります。
そこで、状況を打破するために、きちんとストレスの原因を突き止めて解消することが重要です。

自宅に自分の存在感がないストレス

人は誰でも誰かに認められたいですし、自分の居場所と思える場所が欲しいと思います。
そして、その場所が多くの人にとって家族であり自宅であるものです。
家族や自宅というのは安全基地のような常に自分を守ってくれ認めてくれる場所なのです。

しかし、自宅にいることでストレスを感じる人の多くは自宅に自分の存在を感じられる場所がありません。
例えば、食事のメニューやテレビのチャンネルで選択権が与えられていなかったり、予定を決めるにあたって相談がされなかったりすると、自宅の中に存在を感じられなくなってしまいます。

どうしてもこどもが産まれると、子供中心となり夫がおざなりになることが多いです。
これが、夫にとって家に居心地が悪いと感じてしまいストレスとなる原因になることが多いです。

妻がきちんとしすぎている

家が常に片付いていたり、仕事と家庭とを妻が両立しているととても誇らしく感じられます。
しかし、それと同時に夫は劣等感を感じてしまうことがあり、これが家に居づらいと思う原因となることがあります。

妻が家庭と仕事とを両立していると、家でも忙しく過ごしていることも多いです。
そうすると、家で何もして居ない自分に劣等感を感じてしまったり、申し訳ない気持ちになったりすることがあります。
そして、なんでもこなす妻に対して頭が上がらない状態ができてしまうと、上司と部下のような関係が出来上がりストレスの原因となるのです。

妻が何もしないのもストレス

先ほどとは逆に、妻が何もしないのももちろんストレスになります。
特に自宅が片付いていなかったり食事がきちんと出てこなかったりすると家の環境が良くなく、ストレスとなってしまいます。

主婦も忙しいですから手を抜きたくなる日があって当然です。
しかしそれが毎日ではただサボっているだけとなってしまいますし、仕事をしていて思うように片付かないならば夫にも上手に協力してもらい状態を改善することが重要になります。
一緒に家のことをすることで仲が深まることもありますし、夫にとっても居場所を作ることができます。
ちょっとした工夫をする事で環境をよくすることが出来ます。

Comments are closed.