営業マンのストレス

営業マンはストレスを溜めがち

営業という仕事は決して簡単な仕事ではありません。
ノルマに追われることもありますし、会社の顔として仕事をするために気を使うこともたくさんあります。
そのため、営業マンの中にはストレスをたくさん抱えて仕事をしているという人も多いです。

誰でも仕事で常に良い状態を維持することはできません。
時にはスランプもありますが、そういったスランプの時にも思うように成果が出せないと気持ちを切り替えられずにストレスフルになることもあります。
こういったストレスが溜まりやすい仕事だからこそ、上手に気持ちを切り替えることが重要となってきます。

営業職の人にはもちろん、上手にストレスと付き合っている人もいますし、営業という職種が好きという人がいます。
上手にストレスと付き合うことができれば楽しくやりがいのある仕事なのです。
そこで、うまくストレスを解消していく方法を紹介していきます。

まずは吐き出すことが重要

人はどうしても、辛い気持ちを人に打ち明けられないものですし、悩みを相談することも苦手な人が多いです。
特に男性にはこういったことをすることが弱いことであるように思えたり負けたと思えたりするために、なかなか言うことができず抱え込んでしまいます。

しかし、抱え込んでいても消化できるものではなく、逆にストレスフルになることが多いです。
言っても何も変わらない、とか愚痴を言っても仕方ない、とかと思う人も多いですが、誰かに伝えるだけでも十分なストレス解消となります。

また、思っていることを伝えることによって、自分の中で解決策が見えてきて頑張ろうと前向きな気持ちになれることもありますから、抱えたままにしておくのではなく伝えてみると言うのはとても有効なストレス解消法です。
口に出して言う適切な相手が見つからない、とかやはり言うことに抵抗がある、とかと言う場合には、日記のように書いて吐き出すと言うことも十分に効果的です。

悩みを伝える相手は女性が適任

営業の悩みを打ち明ける相手としては、男性よりも女性の方が適任であると言われています。
これは、男性だと愚痴に対してアドバイスをしたり、叱咤激励をしたりされてしまい、途中から思っていることが話せなくなってしまうことで逆にストレスが溜まってしまったり落ち込んでしまったりするためです。

女性というのは日頃から雑談好きで話を聞き慣れているために、うまく話を聞き流してくれることが多いですし、傾聴の姿勢で同意してくれることが多いです。
そこで、話を聞いて欲しいという場合には聞き上手な女性に話を聞いてもらうととてもスッキリすることが多いのです。

上手に気持ちを切り替えるコツを身につける

営業の人の中には、上手なストレス解消法を身につけている人がたくさんいます。
仕事がうまくいかない時に、反省はするけれども引きずらないようにストレス発散をして、切り替えをする習慣をつけることが重要です。

多くの人は仕事がうまくいかないと頑張らなければと仕事をしようと思いがちですが、思い切って休んで気分転換をすることも重要です。
仕事を休んでしっかりとリフレッシュをしてストレスを解消して、翌日からまた頑張るようにすれば成果も出やすくなりますし、気持ちも楽に仕事が進められます。

Comments are closed.