Category: 家庭のストレス

近親者の死というのはストレスの伴うもの

多くの人は、誰か身近な人が亡くなるととても悲しくなりますし辛い気持ちになります。
死というのはとても悲しいものであるために、極力誰もが死について考えたくないと思いますし、そういった場面には遭遇をしたくないと思うものです。

しかし、人はいつか必ず死にます。
自分が先に誰かを見送ることは必ず訪れるものです。

特に配偶者が亡くなることは悲しみも大きいですし、ストレスにもなりやすいです。
自分のパートナーであり大事な人ですから、亡くなった喪失感も大きいですし、家族がいる場合は残された家族をどうやって育てていくのかということでも不安が大きくなります。

日本ではまだまだ配偶者を亡くした際のストレスについては認知が低いですが、遺族にとってはとても深刻な問題です。
配偶者が亡くなると、残された家族の死亡率というのは格段に上昇するとも言われています。
そこで、ここでは配偶者がなくなった際のストレスの緩和の仕方を紹介していきます。

感情を無理に押し込めないことが重要

私たちはどうしても悲しい気持ちや辛い気持ちを人前に出すことはよくないことであるということを思いがちです。
しかし、感情というのは押し込めても決して消えるものではないですし、むしろ溜め込むことでネガティブになることが多いです。

特に家族が亡くなると後悔が浮かぶことが多いです。
あの時こうすればよかったとか、自分に非があったのではないかという気持ちが芽生えることが多く、それで自分を責めてしまいがちになります。

そこで、そういったネガティブな気持ちを吐き出すことが重要です。
言ったからといって完全に解消することができないことも多いですし、正解が見つけられるわけでもありません。
しかし、誰かに話を聞いてもらえるだけでも十分に気持ちを軽くすることはできますし、気持ちの整理をするのに役立てることができます。

カウンセリングを活用するのも一つの手段

友人や家族にネガティブな気持ちを伝えると心配されてしまうと考えたり、相手に不快な思いをさせてしまうのではないかと考えて思っていることを伝えられなかったりするという人も多いです。
そのような場合には、気持ちを伝える相手を第三者にするというのも一つの方法としてあります。

特にカウンセラーに相談をすれば、守秘義務があるので話を聞いたことを第三者に口外されることがないですし、傾聴の姿勢でただ話を聞いてくれるのでスッキリしやすい効果があります。
近年では遺族外来として、遺族のカウンセリングをしている病院もあります。
グループカウンセリングを行っている病院もありますから、そういったものを活用するのも一つです。

子育ては二人ですること

子供への責任というのは夫婦ともにあるものであり、二人で育児をすることが重要です。
しかし、実際にはなかなか二人で行うことが難しい場面も多くあります。
特に、夫は仕事をしており日頃から子供と接する場面が少なくなりがちで、育児に不参加になりがちな傾向があります。

とはいえ、この状況が長く続いてしまえば全く良いことがありませんし、むしろ状況は悪化していく一方です。
早いうちから少しずつ育児に参加をしてもらえるように促していくことが重要であり、状況を改善するためには必要になってきます。

夫の育児参加のきっかけを作る

夫が育児に参加をしないのは興味がないわけではありません。
やはり自分の子供ですから可愛いですし、大事な存在です。
しかし、夫は家にいる時間が短いからこそ、子供のために何ができるのか、育児に協力できる場面がどこなのかということをわからないということも多くあります。

そこで、育児に協力してほしいことを明確に伝えるということが重要になります。
はじめのうちは妻も任せられないのではないかと思い、遠慮をすることがありますが、やってみてダメならば協力をしたり他のことを任せたりすれば良いのです。
できないことがあることで、夫は妻の育児が大変であるということも知ることができますし、協力をしようと思えるきっかけにすることもできます。

多くの男性は何か協力できることがあればしたいと思っています。
しかし、妻が忙しそうなのを見ると自分が参加することで迷惑をかけたり逆に仕事を増やしたりするのではないかと思っていることも多いのです。
そこで、しっかりとしてほしいことを伝えたり役割を与えたりすることはとても有効な方法なのです。

ストレスを溜め込まない

育児中は夫の非協力的な態度であったり社会から取り残されている気持ちになったり、閉塞感を感じたりと何かとストレスを感じてしまうことが多いです。
そのようなストレスフルになると夫との会話がうまくできなかったりコミュニケーション不足になったりしてさらに育児に非協力的な環境が悪化するケースがあります。

そこで、ストレスを溜め込まずうまく発散することが重要です。
夫と話をして、不満を感じているところや改善したいところを話し合って状況を変えようとするのも有効です。

しかし、最初から夫に話しても感情的になってしまい伝えたいことが伝わらないこともあります。
そのような時にはまずは第三者やママ友、自分の親といった人に愚痴を聞いてもらうのも有効です。
話をすることでスッキリして気持ちに整理がついたりやるべきことが見えてきたりすることが多く、夫とも建設的な話ができるようになることが多いのです。

介護はとても大変なもの

昔から、歳をとったら両親の介護をすることは当然であると考えられてきました。
しかし、昔と今とでは環境の違いがあり、介護は簡単にできるものではなくなっています。

まず、核家族化に伴って一人当たりの介護での負担が大きくなっています。
さらに、高齢化が進んでいるために両親の介護が何年続くかわかりません。
人によっては一人で両親の介護を20年以上見るというようなケースもあり、その負担は年々大きなものになっています。

もちろん、行政としてもこの状況を打破するために様々な施作を行おうと努力をしています。
しかし、高齢化に伴って介護を必要としている人は数を増やしており、まだまだ介護職に従事する人の数も不足していますし、政策も追いついていないのが現状です。
そのため、誰もがこのような介護の問題で悩む可能性があるのです。

介護のストレス

介護をする際にはストレスが伴うことは当然です。
自分の両親や配偶者の両親であるからこそ、認知症になってしまったり、体が不自由になってしまったりして思うようにいかないことで八つ当たりをされたりストレスを抱えたりとどちらも気持ちが落ち着かないことがあります。
そして、長く続く介護と日常生活とで、生きている意味が見出せなくなったり、いつまで続くんだろうかと不安になったりすることもあり、そういった不安から心身に支障をきたすこともあるのです。

特に、近年では介護が長く続くことでの金銭的不安も問題としされており、注目を集めています。
介護をするために仕事が思うようにできなくて給与を得ることができなかったり、介護をする家族を養うための生活費が必要であったりすることでの負担が大きくかかってくるのです。
このように、介護の中ではたくさんのストレスを抱えることになるのです。

介護のストレスを軽減するために

介護をしている限り、ストレスを感じずに過ごすことはできません。
また、介護が終わるというのは介護者が亡くなるということであり、その時には喪失感からストレスを感じるということもあります。
このように、介護というのは様々な形でストレスが発生するものであり、上手に付き合い軽減をしていくことが重要になります。

介護の負担を軽くするために、まずは介護者についての知識を深めることが重要です。
思い通りにいかない時に「これは病気の症状だ」とか「介護の中でよく出てくることだ」と知っているだけでも少し負担が軽減されます。

また、介護について勉強をすれば、行政サービスについての知識も身につけられます。
これによって受けられる支援であったりサポートを知ることができ、介護の負担を軽減することができることもあるのです。