Category: 家庭のストレス

介護はとても大変なもの

昔から、歳をとったら両親の介護をすることは当然であると考えられてきました。
しかし、昔と今とでは環境の違いがあり、介護は簡単にできるものではなくなっています。

まず、核家族化に伴って一人当たりの介護での負担が大きくなっています。
さらに、高齢化が進んでいるために両親の介護が何年続くかわかりません。
人によっては一人で両親の介護を20年以上見るというようなケースもあり、その負担は年々大きなものになっています。

もちろん、行政としてもこの状況を打破するために様々な施作を行おうと努力をしています。
しかし、高齢化に伴って介護を必要としている人は数を増やしており、まだまだ介護職に従事する人の数も不足していますし、政策も追いついていないのが現状です。
そのため、誰もがこのような介護の問題で悩む可能性があるのです。

介護のストレス

介護をする際にはストレスが伴うことは当然です。
自分の両親や配偶者の両親であるからこそ、認知症になってしまったり、体が不自由になってしまったりして思うようにいかないことで八つ当たりをされたりストレスを抱えたりとどちらも気持ちが落ち着かないことがあります。
そして、長く続く介護と日常生活とで、生きている意味が見出せなくなったり、いつまで続くんだろうかと不安になったりすることもあり、そういった不安から心身に支障をきたすこともあるのです。

特に、近年では介護が長く続くことでの金銭的不安も問題としされており、注目を集めています。
介護をするために仕事が思うようにできなくて給与を得ることができなかったり、介護をする家族を養うための生活費が必要であったりすることでの負担が大きくかかってくるのです。
このように、介護の中ではたくさんのストレスを抱えることになるのです。

介護のストレスを軽減するために

介護をしている限り、ストレスを感じずに過ごすことはできません。
また、介護が終わるというのは介護者が亡くなるということであり、その時には喪失感からストレスを感じるということもあります。
このように、介護というのは様々な形でストレスが発生するものであり、上手に付き合い軽減をしていくことが重要になります。

介護の負担を軽くするために、まずは介護者についての知識を深めることが重要です。
思い通りにいかない時に「これは病気の症状だ」とか「介護の中でよく出てくることだ」と知っているだけでも少し負担が軽減されます。

また、介護について勉強をすれば、行政サービスについての知識も身につけられます。
これによって受けられる支援であったりサポートを知ることができ、介護の負担を軽減することができることもあるのです。

子育てはストレスが溜まりやすい

子供は可愛いですし大事な存在です。
しかし、常に自分の思い通りにはならないですし、時には辛くて投げ出したくなることもあって当然です。

特に小さい時にはなんども起きなければならなかったり、泣き止まずにずっと抱き続けたりということもあり、ストレスフルになったり自分が悪いのかと不安になったりすることもあります。
子供に対してストレスを感じるということが自分は悪い親なのではないかとか未熟なのではないかとかと感じてしまい、人に打ち明けられずに抱え込んでしまうということもあります。

こういった育児でのストレスは誰もが感じることであり、感じることが悪いことではないことを認めることがまずはとても重要です。
そして、悩んでいることや不安なこと、ストレスに感じているということを周囲に伝えることで協力してもらったり、ストレスを吐き出したりして解消していくこともとても重要なことなのです。

育児でストレスを感じる場面

育児をしていると、子供のために生きていて自分の生きがいを見失ってしまうことがあります。
特に出産前まで外で働いている人は社会から取り残されているような不安を感じることも多いです。
仕事をしないことで社会に貢献できていない、生産性のない暮らしをしていると不安になることもあります。

子育てというのはとても大事な仕事であり、社会に貢献していることでもあります。
しかし、外からはなかなか評価されないですし、毎日同じようなことを繰り返し狭い世界で生きていることでの不安や苦悩は出てくるものです。

また、家にいて子供のことだけをしていると言っても、実際には自分の時間を持つことができないことも多々あります。
そしてゴールがないために達成感を感じることができません。
日中は子供と二人だけで過ごしていることでの閉塞感を感じることもあります。

このように、育児をしている中でストレスと感じてしまう要因はたくさんあるのです。
そして、人によってストレスを感じるポイントも精神的に負担となるポイントも変わってくるのです。

育児ストレスの解消方法

育児の中で起こるストレスを解消する方法はいくつかあります。
それらの中で自分にとって有効なものが何かを見極めることが重要です。

例えば、自分の時間を持つことができないことにストレスを感じている場合、自分の時間を作れるように工夫をすることでストレスを軽減することができます。
時にはお惣菜を購入してきたり、掃除の頻度を下げたりしてうまく手抜きをすることが重要です。

また、勇気を持って少しの時間家族に子供を預けることもとても良い方法であり、これは夫にとっても育児を見直すきっかけになります。
一人で子供を見ることがどれだけ大変なことかを知ることができますし、協力をしようと考えるきっかけにもなります。

どこで譲歩するか

数秒に一組の夫婦が離婚していると言われている現在ですが、離婚する際のストレスというのは実際に経験したことがなければわからないと言えます。
円満に協議離婚をすることができれば、 ストレスなども比較的少ないと言えるのですが、調停離婚をはじめとして、最終的には裁判離婚になってしまうと、そこでのストレスは想像を絶するものだと言えます。

調停や裁判へと進んでしまうと直接的にお互いが話をすることはほとんどなくなり、結果的には金銭面での清算になってきます。
そのため、お互いがどこで譲歩するかによって長引いてしまうことがあります。

特に男性側としては法律が改正されたことによって、自分が一生懸命に働きながら支払ってきた年金。
それが離婚する配偶者に将来支払われるのかというのは、到底納得のできる事ではないものです。
さらに、離婚する際に財産分与をするという部分に関してもストレスを感じてしまいます。

また離婚に至るまでどのような夫婦生活を送ってきたのかによっても離婚する際のストレスは大きく変わってくるでしょう。
DV をはじめとして、その他にも悪意の遺棄などがあった場合には我慢して耐え抜いていた側としては離婚までに大きなストレスを感じることになります。
また実際に離婚が成立するまでには長い時間が必要になるため、早く離婚が成立しないかと毎日そのことばかりを考えてしまいます。

一つずつ片付けていく

上記のように離婚には様々なストレスが付きまとうものですが、一つ一つ順番に片付けていくという気持ちで向き合っていくことが大切です。
協議の場合には特にお互いが感情的になってしまうこともありますが、冷静な話し合いがもてるように心がけていきましょう。
どうしても2人で話し合いをするのが難しい状況であれば調停などを起こす前の段階で第三者に協力を得るのも一つの方法となります。

調停離婚をはじめとして、裁判離婚になると様々な金銭問題等がでてきます。
それが一度に解決することができるので、うまく協議でまとまりそうになければ、早い段階で調停を立てると言う方法もあります。
離婚に向けての話し合いを行っていく中でも、それぞれに仕事があったり、子育てがあったりすると、ストレスもさらに大きなものになってしまいます。
しかし、それでも離婚が成立するまではと自分の中で冷静な気持ちを持っていなければなりません。

またDV をはじめとして、その他悪意の遺棄など離婚に向けての話し合いをする中で、お互いに顔を合わせるのが辛いという状況の場合。
まずは、別居をした上で離婚に向けての話し合いをしていくことが大切になります。
ただし、別居する前の段階で悪意の遺棄と言われてしまわないようにすることがあります。
それは、必ず離婚する意思があることや、一緒に生活をすることが厳しい状況だということを記録に残しておきましょう。

DV をはじめとして、その他にも毎日のように酷い言葉を投げつけられるというケース。
その場合は、こうした内容をしっかりとノートなどにまとめて記録に残しておくことで、最終的に調停などに発展した場合に有効です。
悪意の遺棄とは見なされず自分にとって有利に運んで行きます。