Category: 会社・学校のストレス

転職活動中はストレスが溜まる傾向に

転職活動をする間、多くの人が様々なストレスを抱えます。
自分のやりたい仕事に就けるのか、満足のいく待遇を受けることができるのかということも不安ですし、そもそも転職ができるのかということも不安でストレスフルになる原因になります。

また、多くの人は仕事を続けながら転職活動を行います。
会社にバレないように転職活動を行うことも、仕事が忙しい中で転職活動をしなければならないこともかなりの精神的負担となりストレスが溜まる要因です。

このように転職活動中というのはストレスが溜まりやすい環境なのです。
そこで、上手にストレスを解消していくことが心身ともに健康な状態で転職活動を乗り切るために重要となります。

転職活動中も息抜きが重要

転職活動をしている間というのは、遊んではいけないと思ってしまう人がいます。
仕事が見つかるまでは転職活動に集中しなければならないと思うことや、趣味や遊びに時間を使ってはならないと思ってしまうことがあるのです。

しかし、転職活動中も息抜きは重要なものであり、適度に設けることが必要になります。
良い成果を出すためにも時にはリフレッシュの時間を設け、ストレス解消をすることが必要なのです。

転職活動中のストレス解消法

転職活動中のストレス解消法は様々なものがあります。
人によってストレスが溜まってきたら取る行動があるという人もいます。

趣味がある人は、趣味の時間を作るだけでも十分にストレス解消になるものです。
しかし、そういった特別な趣味がないという人はリフレッシュのために何かすると考えるとそれが逆にストレスとなるというケースもあります。

転職活動中というのは色々と考え込むことが多いものです。
将来のことを考えたり、自分のことを見つめなおしたりということも多くあります。
そこで、何も考えない、頭を使わないということも十分なストレス解消法となります。

何も考えないと聞くとぼーっとすることを想像する人もいます。
もちろんこれでも効果的なのですが、こういったぼーっと何もしないことがストレスになるという人もいますから、そういった場合には無心になってできることをするのがオススメです。
例えば、庭の草むしりをしたり家の掃除をしたりするのは無心になって取り組みやすいですし、映画を一日中見たりゲームに没頭したりするのも有効です。

また、人間の本能に近い行動を取るのもストレス解消に効果的です。
例えば、食べるや寝るといった行動はこれにあたります。
一日ゴロゴロと寝転がって過ごしたり、好きなものを食べに出かけたり、自分で作って食べたりということでも十分に欲求が満たされてストレス解消となります。

転職に伴うストレスは色々とある

最近では終身雇用制が崩壊したこともあり、転職をする人が増えています。
昔は一度勤めた会社に定年になるまでいることが当然でしたが、今では途中で転職をするという人が多く、転職経験者はかなりの人数となっています。

基本的には希望の職種に就くためや労働環境や雇用待遇が良くなるようにと転職活動をして転職をします。
しかし、転職というのは仕事をする環境が変わるためにストレスフルにもなりやすく、かなり気持ちが落ち込むこともあります。

そこで、ここでは転職によって起こるストレスにはどのようなものがあるのかを紹介していきます。
これから転職活動をしようと思っている人はこれを参考にして、転職時に起こりうるストレスを頭に入れておきましょう。

転職活動中のストレス

多くの人は仕事を続けながら次の仕事を探すものです。
これは転職活動がうまくいかない場合、前職を辞めてしまうと仕事がなくなり給与を得られなくなる可能性があることや、思っているような仕事に就けない場合があるためです。
しかし、仕事をしながら次の仕事を探すということはとても大変なことであり、疲れも溜まりやすくなります。

大変な状況になると人はネガティブな気持ちになることが多くなります。
そうすると、次の仕事が見つからないのではないかとか、うまくいかないのは自分の能力が低いからではないかといった気持ちになりストレスフルになることが多いのです。

転職後にストレスを抱えることも

転職をしたからといって良いことばかりになるとは限りません。
思っていたような仕事をすることができなかったり、社風に馴染めなかったりすることもあります。
そういった場合には転職先を間違えた、転職活動を失敗したと感じてストレスフルになることが多いです。

このような状態になると間違えたということで退職をする人もいますがあまり良いこととは言えません。
転職をしてすぐに再就職をすると、また転職活動でのストレスを抱えることになります。
また、社会的な評価としてもすぐに仕事を辞めると思われてしまいがちで、転職活動が難航することがあります。

転職にはストレスが伴うことを理解する

このように転職というのは様々な場面でストレスが伴うものです。
辛い時にはストレスを感じていることに気づけないということもあります。

転職してから辛いと思うことは環境の変化があるので当然のことです。
ストレスが生じることはおかしなことではありませんから、そのような環境にいるということが悪い状況ではないことを理解することが重要です。
少しずつ会社になれて仕事を覚えたり人間関係が作れたりすれば改善することもありますから長い目で見るようにしましょう。

モラルハラスメントとは

近年、モラハラと呼ばれるモラルハラスメントが問題視されています。
日常的なやりとりの中で身近な人の非難できるポイントを探してそこを陰湿に攻め立てたり指摘したりして、相手の価値を下げることが一般的なやり方です。
このように加害者は被害者のことを見下すような行動をすることで優越感に浸り気持ち良さを感じます。

モラハラというのは近隣の住民や子供のクラスメイトの母親、会社の上司だけでなく夫といった家族から受けるというケースもあります。
日常の様々な場面で被害者になることがあるものなのです。

モラルハラスメントが起こる環境というのは日常にたくさんあります。
世の中にはどうしても上下関係が作られる場面があるために、起こりやすくなるのです。

とはいえ、いつまでもそのような環境に身を置いていれば精神的に参ってしまいます。
そこで、ここではモラルハラスメントが起こりやすい環境や被害者と加害者の特徴、といったことを紹介していきます。

モラルハラスメントとは上手な状況設定がある

モラハラ被害者というのは加害者の巧みな操作によって自分が非難されても仕方ないのだと思ってしまう環境が作られがちです。
そして加害者も自分が一緒にいることで被害を受けている、迷惑なのだという状況を作り出し被害者を追い込むようになります。
このような環境が自然と作り出されてしまうと被害者はどんどんと自分に非があるのだと思い自己否定をしやすくなるという悪循環が出来上がります。

被害者が自分を責めている状態ではずっとこのモラハラの環境を変えられません。
大事なのは加害者がうまく状況を作り上げていることに気づくことです。
もちろん被害者自身に非があることもありますが、それ以上に責め立てられていることがほとんどですから、このような状況に陥った際には冷静に一度振り返る機会を設けることが重要です。

モラハラをする人の特徴

モラハラをする人というのは一般的に行くつかの特徴があります。
自分が優位に立ち賞賛されたいタイプ、他人に共感することや心を通わせることをしないタイプ、他人をほめず欠点ばかりに目がいくタイプ、といった人はモラハラを起こしやすい傾向があるとされています。
周囲にそういう人がおり、モラハラのように相手に否定的なことばかり伝えてくる場合には少し警戒するようにしましょう。

モラハラ加害者の多くは自覚症状なく相手を傷つけたり自尊心を奪ったりするようなことを言っていることも多いです。
また、被害者となりやすい人は人がよく、真面目で相手のことを傷つけないようにと我慢する傾向があります。
しかし、きちんと嫌だと思っていること、傷ついていることをきちんと伝えるようにしてお互いの状況が変わるようにすることが重要です。