Category: 会社・学校のストレス

モラルハラスメントとは

近年、モラハラと呼ばれるモラルハラスメントが問題視されています。
日常的なやりとりの中で身近な人の非難できるポイントを探してそこを陰湿に攻め立てたり指摘したりして、相手の価値を下げることが一般的なやり方です。
このように加害者は被害者のことを見下すような行動をすることで優越感に浸り気持ち良さを感じます。

モラハラというのは近隣の住民や子供のクラスメイトの母親、会社の上司だけでなく夫といった家族から受けるというケースもあります。
日常の様々な場面で被害者になることがあるものなのです。

モラルハラスメントが起こる環境というのは日常にたくさんあります。
世の中にはどうしても上下関係が作られる場面があるために、起こりやすくなるのです。

とはいえ、いつまでもそのような環境に身を置いていれば精神的に参ってしまいます。
そこで、ここではモラルハラスメントが起こりやすい環境や被害者と加害者の特徴、といったことを紹介していきます。

モラルハラスメントとは上手な状況設定がある

モラハラ被害者というのは加害者の巧みな操作によって自分が非難されても仕方ないのだと思ってしまう環境が作られがちです。
そして加害者も自分が一緒にいることで被害を受けている、迷惑なのだという状況を作り出し被害者を追い込むようになります。
このような環境が自然と作り出されてしまうと被害者はどんどんと自分に非があるのだと思い自己否定をしやすくなるという悪循環が出来上がります。

被害者が自分を責めている状態ではずっとこのモラハラの環境を変えられません。
大事なのは加害者がうまく状況を作り上げていることに気づくことです。
もちろん被害者自身に非があることもありますが、それ以上に責め立てられていることがほとんどですから、このような状況に陥った際には冷静に一度振り返る機会を設けることが重要です。

モラハラをする人の特徴

モラハラをする人というのは一般的に行くつかの特徴があります。
自分が優位に立ち賞賛されたいタイプ、他人に共感することや心を通わせることをしないタイプ、他人をほめず欠点ばかりに目がいくタイプ、といった人はモラハラを起こしやすい傾向があるとされています。
周囲にそういう人がおり、モラハラのように相手に否定的なことばかり伝えてくる場合には少し警戒するようにしましょう。

モラハラ加害者の多くは自覚症状なく相手を傷つけたり自尊心を奪ったりするようなことを言っていることも多いです。
また、被害者となりやすい人は人がよく、真面目で相手のことを傷つけないようにと我慢する傾向があります。
しかし、きちんと嫌だと思っていること、傷ついていることをきちんと伝えるようにしてお互いの状況が変わるようにすることが重要です。

焦りがプレッシャーになる

高校受験や大学受験を控え試験勉強をしていると、どうしても受験によるストレスを感じてしまうことになります。
受験のストレスというのは焦りから生じるものとなっており、周りがどれだけ成績アップをしているのか。
また、どれだけの勉強をしているのかなどを気にするうちに自分の中でどんどん焦りが生まれてしまいます。

近年では、中学や小学校などでも受験をする子供たちが増えてきています。
こうした部分から受験に対するストレスを抱えてしまう未成年者は非常に増えたといえるでしょう。
また成人してからでも資格を取得するために受験をするという人もいます。
このような受験勉強であっても、やはり試験に合格できるかどうかといった焦りの気持ちから強いプレッシャーを感じてしまうことがあります。

受験に対するストレスを感じた時にはストレス発散をしていくことがとても大切なのですが、ここで焦りが生じてくるためストレス発散をする時間そのものも惜しくなってしまい、結局は勉強、勉強で更なるストレスを感じてしまうこともあります。

自分のペースをしっかり作る

受験に関して強いストレスを感じてしまった時には焦るのではなく、自分のペースをしっかりと作ることがとても大切なります。
他人と自分は全く違う人間であり、勉強の方法やペースなどももちろん違っているものですから、他人と自分を比べながら焦っているだけでは時間を無駄にしてしまいます。
自分のペースをしっかりと作り、さらには息抜きをする時間なども作った上で上手にストレス発散していくように心がけていきましょう。

実際に受験を受けてみるまでは最終的な結果がわからないものですが、それでも焦りからストレスを感じていると勉強にも集中することができなくなります。
時には勉強から完全に離れてレジャーを楽しんだり友達と好きなことをする時間を増やしてみるのも良いでしょう。

家族の協力も大切

上記の通り、受験に対してのストレスというのは誰もが強く感じてしまうものとなります。
しかしこのようにストレスを感じることに対して家族も近いと協力して事が重要になります。
未成年の受験者に対して、勉強しろ勉強しろと言ってしまうのではなく、ストレスの発散をすることができるように外に連れ出してあげることが必要です。
そして、どんどん自分自身に自信を持たせ前向きに頑張れるように勇気付けてあげるのも大切になります。

反対にあまりに干渉しすぎてしまうと、こうした家族の行動がストレスを与えてしまうこともあります。
あくまでも干渉しすぎるのではなく、本人のペースを守ることができるように協力していくようにしましょう。
また受験においてストレスを感じてしまう大きな原因の一つにしっかりと明確な目的がないと言う理由もあります。

大学等に進学したいと思っていても、何のために進学するのかが明確になっていなければ身が入りにくくなります。
何のために受験勉強をするのかと言う気持ちにしたがってしまうため、これがストレスになることもあります。
まずは受験をするためにはっきりとした目的は自分の中で作ることから受験に対する心構えをしていくと良いでしょう。

直接触れずとも…

男性から女性に対するセクハラというのは多くの企業をはじめとして、その他様々な場所で引き起こされています。
例えば病院で働いている女性の看護師に対して男性の患者さんがセクハラを行ったりすることもあります。
会社で働きながらセクハラに遭っているというケースでは、誰かに相談するのも難しくなり1人で抱え込んでしまうこともあります。
そういった場合、まずは他の上司をはじめとして、人事などにしっかりと相談することが大切になります。

会社としてはセクハラなどをしっかりと無くしていかなくてはならない義務があります。
そのため、報告をしているにもかかわらず、特に対策を考えていかないようであれば、会社自体がセクハラを容認していることになります。
セクハラを受けた際に、直接相手に対してそれはセクハラですと指摘する人もいるようです。
しかし、このように指摘した際に、直接触れていないからセクハラではないなどと言い返してしてくる人がいます。

ですが、実際に体に触れていなくてもセクハラというのは成立するものですから、こうした部分についてもしっかりと認識しておかなくてはなりません。
もちろん直接的に体に触れるようなことがあれば、これもセクハラにはなります。
体に触れなくても、性的ないじめや嫌がらせ、暴言などを彷彿とさせる言葉を言っているのであれば立派なセクハラなのです。

強い姿勢でいること

どうしても会社の上司などからセクハラを受けてしまうと、そこで強い態度を返すことができずに我慢してしまう女性もいるようです。
会社での自分の立場が悪くなるといった気持ちや、さらにセクハラなどがひどくなってしまうのではないかという気持ちが生まれるからです。

しかしこれは集団いじめに遭っている立場の人間が抱える気持ちと同じであり、我慢すればするほどにセクハラ自体もエスカレートしていってしまう懸念があります。
そのため前述のとおり、はっきりとそれはセクハラですと伝えることがとても重要になっており、さらには常に毅然とした態度で言う事も大切になります。

何も言わず我慢してしまうとそういった態度を見て、さらに面白おかしくセクハラをしてくる上司や同僚などもいるので気をつけましょう。
あまりにも繰り返しセクハラが行われるようであれば、同じくきちんとした態度で会社の上層部に報告しますなどとはっきり言うことも大切になります。

会社でのセクハラというのは、女性が未婚であれ、既婚者であれ同じように行われてしまうことがあります。
このような言動をとる、上司または男性の上司同僚などがいる場合には我慢せず、早めに対策を考えていくようにしましょう。
またセクハラを受けたからといって自分に自信を失う必要はありません。
立場の弱い女性に対してセクハラを繰り返すような男性は、心の中で情けない男だと見下していても良いでしょう。