Category: 会社・学校のストレス

営業マンはストレスを溜めがち

営業という仕事は決して簡単な仕事ではありません。
ノルマに追われることもありますし、会社の顔として仕事をするために気を使うこともたくさんあります。
そのため、営業マンの中にはストレスをたくさん抱えて仕事をしているという人も多いです。

誰でも仕事で常に良い状態を維持することはできません。
時にはスランプもありますが、そういったスランプの時にも思うように成果が出せないと気持ちを切り替えられずにストレスフルになることもあります。
こういったストレスが溜まりやすい仕事だからこそ、上手に気持ちを切り替えることが重要となってきます。

営業職の人にはもちろん、上手にストレスと付き合っている人もいますし、営業という職種が好きという人がいます。
上手にストレスと付き合うことができれば楽しくやりがいのある仕事なのです。
そこで、うまくストレスを解消していく方法を紹介していきます。

まずは吐き出すことが重要

人はどうしても、辛い気持ちを人に打ち明けられないものですし、悩みを相談することも苦手な人が多いです。
特に男性にはこういったことをすることが弱いことであるように思えたり負けたと思えたりするために、なかなか言うことができず抱え込んでしまいます。

しかし、抱え込んでいても消化できるものではなく、逆にストレスフルになることが多いです。
言っても何も変わらない、とか愚痴を言っても仕方ない、とかと思う人も多いですが、誰かに伝えるだけでも十分なストレス解消となります。

また、思っていることを伝えることによって、自分の中で解決策が見えてきて頑張ろうと前向きな気持ちになれることもありますから、抱えたままにしておくのではなく伝えてみると言うのはとても有効なストレス解消法です。
口に出して言う適切な相手が見つからない、とかやはり言うことに抵抗がある、とかと言う場合には、日記のように書いて吐き出すと言うことも十分に効果的です。

悩みを伝える相手は女性が適任

営業の悩みを打ち明ける相手としては、男性よりも女性の方が適任であると言われています。
これは、男性だと愚痴に対してアドバイスをしたり、叱咤激励をしたりされてしまい、途中から思っていることが話せなくなってしまうことで逆にストレスが溜まってしまったり落ち込んでしまったりするためです。

女性というのは日頃から雑談好きで話を聞き慣れているために、うまく話を聞き流してくれることが多いですし、傾聴の姿勢で同意してくれることが多いです。
そこで、話を聞いて欲しいという場合には聞き上手な女性に話を聞いてもらうととてもスッキリすることが多いのです。

上手に気持ちを切り替えるコツを身につける

営業の人の中には、上手なストレス解消法を身につけている人がたくさんいます。
仕事がうまくいかない時に、反省はするけれども引きずらないようにストレス発散をして、切り替えをする習慣をつけることが重要です。

多くの人は仕事がうまくいかないと頑張らなければと仕事をしようと思いがちですが、思い切って休んで気分転換をすることも重要です。
仕事を休んでしっかりとリフレッシュをしてストレスを解消して、翌日からまた頑張るようにすれば成果も出やすくなりますし、気持ちも楽に仕事が進められます。

転職活動中はストレスが溜まる傾向に

転職活動をする間、多くの人が様々なストレスを抱えます。
自分のやりたい仕事に就けるのか、満足のいく待遇を受けることができるのかということも不安ですし、そもそも転職ができるのかということも不安でストレスフルになる原因になります。

また、多くの人は仕事を続けながら転職活動を行います。
会社にバレないように転職活動を行うことも、仕事が忙しい中で転職活動をしなければならないこともかなりの精神的負担となりストレスが溜まる要因です。

このように転職活動中というのはストレスが溜まりやすい環境なのです。
そこで、上手にストレスを解消していくことが心身ともに健康な状態で転職活動を乗り切るために重要となります。

転職活動中も息抜きが重要

転職活動をしている間というのは、遊んではいけないと思ってしまう人がいます。
仕事が見つかるまでは転職活動に集中しなければならないと思うことや、趣味や遊びに時間を使ってはならないと思ってしまうことがあるのです。

しかし、転職活動中も息抜きは重要なものであり、適度に設けることが必要になります。
良い成果を出すためにも時にはリフレッシュの時間を設け、ストレス解消をすることが必要なのです。

転職活動中のストレス解消法

転職活動中のストレス解消法は様々なものがあります。
人によってストレスが溜まってきたら取る行動があるという人もいます。

趣味がある人は、趣味の時間を作るだけでも十分にストレス解消になるものです。
しかし、そういった特別な趣味がないという人はリフレッシュのために何かすると考えるとそれが逆にストレスとなるというケースもあります。

転職活動中というのは色々と考え込むことが多いものです。
将来のことを考えたり、自分のことを見つめなおしたりということも多くあります。
そこで、何も考えない、頭を使わないということも十分なストレス解消法となります。

何も考えないと聞くとぼーっとすることを想像する人もいます。
もちろんこれでも効果的なのですが、こういったぼーっと何もしないことがストレスになるという人もいますから、そういった場合には無心になってできることをするのがオススメです。
例えば、庭の草むしりをしたり家の掃除をしたりするのは無心になって取り組みやすいですし、映画を一日中見たりゲームに没頭したりするのも有効です。

また、人間の本能に近い行動を取るのもストレス解消に効果的です。
例えば、食べるや寝るといった行動はこれにあたります。
一日ゴロゴロと寝転がって過ごしたり、好きなものを食べに出かけたり、自分で作って食べたりということでも十分に欲求が満たされてストレス解消となります。

転職に伴うストレスは色々とある

最近では終身雇用制が崩壊したこともあり、転職をする人が増えています。
昔は一度勤めた会社に定年になるまでいることが当然でしたが、今では途中で転職をするという人が多く、転職経験者はかなりの人数となっています。

基本的には希望の職種に就くためや労働環境や雇用待遇が良くなるようにと転職活動をして転職をします。
しかし、転職というのは仕事をする環境が変わるためにストレスフルにもなりやすく、かなり気持ちが落ち込むこともあります。

そこで、ここでは転職によって起こるストレスにはどのようなものがあるのかを紹介していきます。
これから転職活動をしようと思っている人はこれを参考にして、転職時に起こりうるストレスを頭に入れておきましょう。

転職活動中のストレス

多くの人は仕事を続けながら次の仕事を探すものです。
これは転職活動がうまくいかない場合、前職を辞めてしまうと仕事がなくなり給与を得られなくなる可能性があることや、思っているような仕事に就けない場合があるためです。
しかし、仕事をしながら次の仕事を探すということはとても大変なことであり、疲れも溜まりやすくなります。

大変な状況になると人はネガティブな気持ちになることが多くなります。
そうすると、次の仕事が見つからないのではないかとか、うまくいかないのは自分の能力が低いからではないかといった気持ちになりストレスフルになることが多いのです。

転職後にストレスを抱えることも

転職をしたからといって良いことばかりになるとは限りません。
思っていたような仕事をすることができなかったり、社風に馴染めなかったりすることもあります。
そういった場合には転職先を間違えた、転職活動を失敗したと感じてストレスフルになることが多いです。

このような状態になると間違えたということで退職をする人もいますがあまり良いこととは言えません。
転職をしてすぐに再就職をすると、また転職活動でのストレスを抱えることになります。
また、社会的な評価としてもすぐに仕事を辞めると思われてしまいがちで、転職活動が難航することがあります。

転職にはストレスが伴うことを理解する

このように転職というのは様々な場面でストレスが伴うものです。
辛い時にはストレスを感じていることに気づけないということもあります。

転職してから辛いと思うことは環境の変化があるので当然のことです。
ストレスが生じることはおかしなことではありませんから、そのような環境にいるということが悪い状況ではないことを理解することが重要です。
少しずつ会社になれて仕事を覚えたり人間関係が作れたりすれば改善することもありますから長い目で見るようにしましょう。