水痘や帯状疱疹ウィルスが活性化する事によって帯状疱疹を起こす事があります。
一般的には一生のうちに一度しかからない病気で、日本人では6人ほどに1人がかかる病気と推定されているものです。
比較的高齢者が発症する事の多い疾患なため、これから高齢化社会がさらに進行すると、帯状疱疹になる方は増えてくると考えられています。

帯状疱疹を起こすと

初めて感染してしまい水疱瘡を発症すると、帯状疱疹ウィルスは知覚神経を通じて顔の三叉神経や脊髄の神経、坐骨神経などといったさまざまな神経細胞に残ってしまいます。
長期間は症状がほとんどないまま経過しますが、身体の免疫力が低下すると、潜伏されていた帯状疱疹ウィルスが活性化してしまうのです。

主なきっかけとして、加齢や疲労、ストレスやガン、その他の感染症、そして抗がん剤や免疫抑制剤などを服用するなどがあげられます。
帯状疱疹ウィルスが活性化すると、神経を通じて皮膚に現れ、皮膚にてウィルスが増殖してしまい水疱を発症します。

帯状疱疹で現れる症状として、皮膚や粘膜に関連する症状や、神経痛などがあげられます。
皮疹が現れる前に、神経痛や近くなどの異常が数日間続いてしまいます。

この症状は片側の神経分布領域に一致して発症し、それから同じ箇所にやや膨らんだ紅斑が現れ、その内部に小さな水疱が発症します。
この症状が起こる部分として「胸」「お腹」「背中」の箇所がとくに多くなっており、次に顔にみられる事が多いのですが、全身のどこにでも発症する可能性はあります。

帯状疱疹が起こる原因

帯状疱疹の原因は疲労、ストレス、放射線、紫外線などが関係して起こる事が一般的です。
このことから予防策として考えられるのは、疲労をためない事を意識し、定期的に休憩を確保したり、睡眠時間をしっかり取ったり事が大切であると言えます。

ストレスに関しても運動するなどして、精神的や肉体的にストレスを溜め込まないように生活するのが大切です。
さらに、精神的なストレスを溜め込まないように、趣味を楽しむなど、なるべく気持ちが楽になれるような事をする事が重要でしょう。

また、紫外線や放射線などを不必要に浴びてしまう事がないように、屋外に出る場合には日焼け止めを使って紫外線をガードするという事も良いです。

万が一帯状疱疹が起こってしまった場合には、それは疲労やストレスが原因で抵抗力が落ちている可能性が考えられます。
そのため、無理する事をないように、しっかり安静に過ごす事も時には大切です。

食事からはしっかり栄養を補給し、さらに睡眠時間が不足してしまう事がないように、十分な時間を確保するようにしましょう。
症状が発症した箇所が痛んだりかゆくなったりした場合には、患部を冷やすと余計痛みを伴う可能性がありますので、温めるのが効果的です。

帯状疱疹は、人に感染してしまう事はほとんどないものの、場合によっては水疱瘡の方が正常の方に接触すると、水疱瘡を起こしてしまう場合があります。
そのため、症状が完全に治るまでは赤ちゃんや妊婦さんなどにはあまり接触しないように心がけるのが望ましいです。
症状を自覚した際には放置せず、なるべく早めに治療を開始するようにしましょう。

胃潰瘍は消化性潰瘍といわれ、強力な消化液の胃液(攻撃因子)と胃壁を守る粘液(防御因子)のバランスが崩れることで胃液が強くなりすぎ、胃の粘膜を破壊してしまうことで起きるとされています。
この消化をしてくれる胃酸と胃を守る粘液はストレスの影響を非常に受けやすく、ストレスで調子が悪くなっているとバランスを乱しやすくなってしまいます。

胃潰瘍の症状とは

この胃潰瘍では主に痛みを感じることが多く、みぞおちの痛みや空腹時の痛み、食事後の痛みといったもののほかにも酸っぱい水(胃液の薄いもの)が上がってくることやげっぷをすることもあります。
ほかに吐き気、嘔吐(悪化すると吐血)、胸焼けや背中の違和感、便に黒色の血便が混じるといったものがあげられます。

十二指腸潰瘍は若年者に多く、胃潰瘍は40歳以上に多くなっています。
原因は胃酸の出過ぎ、粘液不足、バランスが崩れたことによるものとピロリ菌の関与があげられます。
ピロリ菌は胃潰瘍の患者の7割もが持っているものですが、日本人は多くの方がこの菌をもっており、体内での環境がピロリ菌に対して都合が良くなると起こるとされています。

まだこの菌については分かっていないことも多いですが、一番の原因としては胃酸の出過ぎ、粘液不足、バランスが崩れたことによるもの。
これらはすべてストレスに影響されてそれぞれの制御が効かなくなったことによるものです。
実際に一番影響が大きいとされているのは菌よりもこのストレスによるものだという主張が多く、現状こちらが主流となっています。

ストレスによる胃潰瘍を軽視しない

ストレスによるものだからそこまでひどくはならない、と考えるかもしれませんがそんなことはありません。
バランスが崩れる。
それも胃は栄養を吸収するのに大切な役割があり、その仕事は食べ物を溶かして吸収しやすくすることです。

そのため、体の中でも特に危険な部分を担っており、そのバランスが崩れれば本来溶かさないような強さにするはずの胃酸を強くしてしまうといったことが起きます。
初めは胃が溶かされて痛む程度かもしれませんが、侵食されるにつれて穴が開いたりすると便秘に血が混じったり、吐血するようなことへなります。

そうならないためにはまず生活リズムを整えることから始めていきましょう。
人間にとって睡眠をとるということはとても重要なことです。
そのため、十分な睡眠がとれていない場合は体の制御をうまく脳がとることもできずに胃に穴をあけるような事態へとつながってしまいます。

そのために、寝る時間と起きる時間を統一するとから始めましょう。
生活のリズムはある程度決まったことをすることで体がその行動の前に準備をし、体に負担をかけない、素早くその行動へ移るといったことができます。
そうすることで自分への負担を減らし、より効率的に時間を使いながらも体調を整えることへとつながります。

現代はストレス社会と言われ、様々なところにストレス要因となるものがあふれています。
その事が原因で、ストレス性の便秘を引き起こす事は誰にでもあるという事が言えます。

自律神経と言われるものには大きく2種類あり、それは「交感神経」と「副交感神経」の二つがあります。
この中でも大腸の「ぜんどう運動」を働かせる事に関係しているのが副交感神経です。
ストレスを受けると、交感神経を優位にしてしまいます。
そうすると、副交感神経の働きを低下させてしまう事に繋がるのです。
ストレスを受けている状態が続いてしまうと、ぜんどう運動の働きが悪くなったり、かえって過度に働いてしまい収縮がみられ痙攣を起こしたりする事もあるなど、腸に問題が起こってしまう事があります。

ストレスと便秘の関係

ストレスと便秘の関係で関連しているものとしては、痙攣性便秘です。
この便秘は大腸が痙攣を起こしているがために発症するもので、働きが悪くなるのが原因なのではなく、働きが過度になる事が原因で起こるものです。

市販で取り扱われている「便秘薬」及び「下剤」などに関しては、働きが悪くなった大腸を促進するのに効能のある成分が含まれています。
そのため、ストレス性の便秘の場合には、便秘薬及び下剤を服用すると、効果をほとんど期待できず、さらに状態を悪化させてしまう心配があります。

また、腸は神経で脳と繋がっている特徴があるため、脳にストレスや不安と伴うと、直接腸にも負荷がかかると言えます。
そうすると腸の働きに悪影響を及びしてしまい、便秘などの症状を引き起こしてしまう事に繋がるのです。

基本的にストレスが原因となる胃腸の不調や病気を解消するためには、自律神経が安定してくれるようなライフスタイルにする事が大切となります。

その中でも特に重要といえるのが「食事療法」や「運動療法」です。
治療の際に薬物療法を取り入れる事もありますが、ストレスが原因である症状の場合、根本的な解決には至らないというケースがあります。

日常生活においてさほど支障がないという場合には、セルフケアで対処する事も可能です。
しかし、仕事や学校、その他の外出に関して影響が出ている場合に関しては、できるだけ早めに専門医へと相談しにいくのが望ましいと言えます。

ストレスを解消するために

社会人などになると、運動する機会が減る事で「運動不足」に陥ってしまう事があります。
運動不足になると自律神経に不調を及ぼしてしまう事があり、それは副交感神経の活性化を妨害してしまう事となるのです。
また、自律神経のコントロールにおける難しい点は、過度に運動を行うとかえって悪影響を及ぼす事がある事です。

そのため、適度に汗をかけるような運動を、日常的に行っていく事が大切になります。
さらに、運動をする事によってストレスを解消する事に期待できます。
自律神経はストレスと関係深い存在にあるため、この辺りからも便秘解消に期待できるのです。

また、食事習慣を整える事も大切です。
基本は毎日に1日3食バランスの良い食事をするようにしましょう。
ここで、ストレスをためてしまう事がないように、人と楽しんで食べたり、苦手な場所で食事をしたりしないようにするのがポイントです。

そして時間を決めて規則的に食事をする事も大切です。
時間を決めて食事をするだけで、余裕を持った行動をしやすくなり、それによりストレスを受け流しやすい環境を作り上げる事ができます。
さらに食事では健康に必要となる栄養素をしっかり補給しましょう。

next posts >>