現代はストレス社会と言われ、様々なところにストレス要因となるものがあふれています。
その事が原因で、ストレス性の便秘を引き起こす事は誰にでもあるという事が言えます。

自律神経と言われるものには大きく2種類あり、それは「交感神経」と「副交感神経」の二つがあります。
この中でも大腸の「ぜんどう運動」を働かせる事に関係しているのが副交感神経です。
ストレスを受けると、交感神経を優位にしてしまいます。
そうすると、副交感神経の働きを低下させてしまう事に繋がるのです。
ストレスを受けている状態が続いてしまうと、ぜんどう運動の働きが悪くなったり、かえって過度に働いてしまい収縮がみられ痙攣を起こしたりする事もあるなど、腸に問題が起こってしまう事があります。

ストレスと便秘の関係

ストレスと便秘の関係で関連しているものとしては、痙攣性便秘です。
この便秘は大腸が痙攣を起こしているがために発症するもので、働きが悪くなるのが原因なのではなく、働きが過度になる事が原因で起こるものです。

市販で取り扱われている「便秘薬」及び「下剤」などに関しては、働きが悪くなった大腸を促進するのに効能のある成分が含まれています。
そのため、ストレス性の便秘の場合には、便秘薬及び下剤を服用すると、効果をほとんど期待できず、さらに状態を悪化させてしまう心配があります。

また、腸は神経で脳と繋がっている特徴があるため、脳にストレスや不安と伴うと、直接腸にも負荷がかかると言えます。
そうすると腸の働きに悪影響を及びしてしまい、便秘などの症状を引き起こしてしまう事に繋がるのです。

基本的にストレスが原因となる胃腸の不調や病気を解消するためには、自律神経が安定してくれるようなライフスタイルにする事が大切となります。

その中でも特に重要といえるのが「食事療法」や「運動療法」です。
治療の際に薬物療法を取り入れる事もありますが、ストレスが原因である症状の場合、根本的な解決には至らないというケースがあります。

日常生活においてさほど支障がないという場合には、セルフケアで対処する事も可能です。
しかし、仕事や学校、その他の外出に関して影響が出ている場合に関しては、できるだけ早めに専門医へと相談しにいくのが望ましいと言えます。

ストレスを解消するために

社会人などになると、運動する機会が減る事で「運動不足」に陥ってしまう事があります。
運動不足になると自律神経に不調を及ぼしてしまう事があり、それは副交感神経の活性化を妨害してしまう事となるのです。
また、自律神経のコントロールにおける難しい点は、過度に運動を行うとかえって悪影響を及ぼす事がある事です。

そのため、適度に汗をかけるような運動を、日常的に行っていく事が大切になります。
さらに、運動をする事によってストレスを解消する事に期待できます。
自律神経はストレスと関係深い存在にあるため、この辺りからも便秘解消に期待できるのです。

また、食事習慣を整える事も大切です。
基本は毎日に1日3食バランスの良い食事をするようにしましょう。
ここで、ストレスをためてしまう事がないように、人と楽しんで食べたり、苦手な場所で食事をしたりしないようにするのがポイントです。

そして時間を決めて規則的に食事をする事も大切です。
時間を決めて食事をするだけで、余裕を持った行動をしやすくなり、それによりストレスを受け流しやすい環境を作り上げる事ができます。
さらに食事では健康に必要となる栄養素をしっかり補給しましょう。

歩いたり座ったり、何らかの作業を行う、睡眠をとる時には横になる姿勢になるなど、日常生活では腰を常に使っていると言っても過言ではありません。
腰という文字通り、体の要となる部分ではありますが、腰痛などに悩まされる方は決して少なくありません。腰の治療が簡単ではないのは、人間は腰を常に使っている事に加え、生活をするための動作には欠かせない部位となっている事が大きな理由の一つでしょう。

腰痛が起こるのはなぜか

人の背骨の形状はほとんどまっすぐなのですが、衝撃に耐えられるようになど、様々な理由はありますがややS字に曲がりつつ体を支えています。
腰への負担は頭部など上半身の重さが集中し、さらに何かしらの作業を行う際には「前かがみ」になり、動作を行われるのが多いです。

さらに、中腰の姿勢をとったとき、腰には通常の3倍近くもの圧力がかかるものなのです。
そのことから、それらのような腰に負担のかかる姿勢をとったり、動作を行ったりする事が多い方ほど、腰への負担が蓄積し、腰痛を起こしやすくなる心配があります。
また、腰の周辺の筋肉は、加齢及び運動不足などが原因で衰えやすくなっています。
診察を行ったり、レントゲンなどの検査だったりするもので異常が発見できない腰痛に関しては、姿勢や動作、あるいは筋力の低下が原因として考えられます。

そして腰痛の原因は姿勢や動作、筋力の低下に限った事ではありません。いくらかの症例をもつ患者を並べた際、原因が明確である椎間板ヘルニアに関しても痛みの有無には個人差があります。
痛みがどのように発症するのかは個人差があるものの、このような痛みに関してはストレスなどの精神的な部分が影響しているケースが少なからずあるのです。

ストレスによる腰痛

比較的痛みを強く感じられる場合、それにはストレスの度合いが大きいという特徴があります。
近年ではそれに加えて、ドーパミンシステムとよばれる脳の仕組みが痛みをコントロールしているということが科学的にわかってきました。
これは本来であれば痛みを感じる状態でありながら、痛みを抑制する働きのあるドーパミンが大量に分泌されていると、痛みを軽減させて身を守るという脳に備わっている機能の一つです。

ですが、日常生活においてストレスを受け続けている環境が続くと、脳内物質が分泌されるバランスが崩れてしまう事があります。
それにより、この痛みを軽減するシステムが正常に働かなくなってしまうのです。
ドーパミンの分泌量が減少すると痛みを抑えるのが難しくなり、さらに痛みを強く感じるようになります。
加えて、その感じている強い痛みがさらにストレスとなってしまう事で、ドーパミンの分泌量がさらに減少し、慢性的に痛みを伴ってしまうという悪循環が起こる事があるのです。

このような痛みの悪循環などを防ぐには、まず日常的なところからの解決法を知るのが良いでしょう。
座った時にはまず背筋を伸ばすようにします。
胸を反らした状態にし、息を吐くのと一緒に背筋を元の状態に戻していきます。
そうすると、腰が前を向いているような姿勢で固定するのがわかります。

慣れるまでこの動作をするのが上手に出来ないという事もありますが、繰り返しやっていく事により、背筋をしっかり伸ばせるようになります。
この腰がしっかりしている状態でいると、腰への余計な負担は減ってくれるため、体をゆっくり休ませる事が出来るのです。

さらに、繰り返し行っていくと体のラインがまっすぐになりやすく、日頃からの姿勢が良くなりやすいというメリットもあります。
悪い姿勢から良い姿勢へと変える事で、精神的な安定感を得られるほか、ストレスを受けづらくなります。
そうして、ストレスを受け流しやすい体を作れるので、腰への負担を大きく減らす事に期待できます。

肩こりの原因としてはいくつかあげられます。まず、ストレスによるものです。
しかし、なぜストレスによって肩がこるのでしょうか。
まず、ストレスについてみていきましょう。

ストレスが溜まる状態とは

ストレスが溜まっている、という状態は精神的・肉体的に負担となっている状態です。
その状態が人間の体にどのような影響を及ぼすかと言うと、自律神経の交感神経と副交感神経のお話になります。
脳からは自律神経と呼ばれる神経が出ていますが、自律神経は本人の意思とは関係なく体の機能を調整している神経です。
例えば、呼吸、食べ物の消化、循環、発汗・体温調節などがあげられます。これらを調整してくれるのが自律神経です。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つから出来ています。自律神経失調症と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか。
これは交感神経と副交感神経の本来保っているバランスがくずれてしまっている状態の事を指します。
この二つの神経がバランスをとっていることにより、健康な生活を送ることができます。

人はストレスを受けているとき、そのストレスに負けないように対抗しようとします。
対抗するためには戦闘状態に体の状態を持っていきます。
そのため、交感神経が興奮し、心拍が上がり、血圧を上げ、筋肉を硬くします。

筋肉の硬い状態が長く続く筋肉は疲れ、さらに硬くなっていきます。
これは筋肉中での酸素が不足し。乳酸等が作られているためです。
そのため、ストレスを受け続けていれば肩を凝りやすくなってしまうのです。

そのようにならないにはどうすれば良いのか。
まずストレスを受けないことが一番ですが、なかなかうまくいきません。
そのためには別の方向からのアプローチを考える必要があります。

ストレスを溜めないために

まずは日ごろの生活を見直すということです。
筋肉の疲れによって肩こりは起こるので、出来るだけ同じ姿勢でいないこと、と言うのが上げられます。
デスクワークなどで同じ姿勢でいる場合などがあり、この場合はある程度の休憩をはさみ、その間に体をほぐすのが良いでしょう。

一度立ってストレッチをすることで、一時的に筋肉を休ませることができます。
また、このようなストレッチやマッサージ、お風呂に入るなどすると肩こりはよくなることが多いです。
その理由は何か。血行が良くなっているためです。

疲れて硬くなった筋肉は酸素を運ぶための血管を圧迫し、酸素を運ぶ血のめぐりを悪くしてしまい、酸素が届かないだけでなく、乳酸等も流れずいらないものが筋肉中にたまってしまうのです。
血行が良くなれば供給される筋肉が増え、乳酸が出来ても流れていくため凝りにくくなります。
そのため、ストレッチといった体をほぐす行為は筋肉を休ませ、疲労がたまりにくくすることができる良い対策法と言えます。
こういった体を動かすことはストレスの解消にもつながるため、疲れたなと思ったらこまめにやっていくと効果的です。

next posts >>